ID非公開

2023/12/1 12:46

44回答

よく「例外のない規則はない」と言います。科学の立場から見てどう思いますか。良いと年をした大人や文系の大学教授まで言います。

化学 | 物理学75閲覧

ベストアンサー

ID非公開

2023/12/7 21:33

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(3件)

自然言語を使って規則を作るから例外が発生するんですね。 形式言語を使って規則を作れば例外の無い規則を作る事は可能です。

規則と科学は違うという最初のご回答に賛同します。 ただし,科学というのは真実を記述しているだけで, 事実を正確に表したものとは限りません。というより, そんなことは人間には不可能です。 科学というのは,対象をある仮定の下でモデル化して それを客観的な道具で解析して,得た結果がその対象の 現状を表せることを確認した上で,将来を予測する作業 のことを指します。ここには,まず「仮定」があり, その「モデル」があります。神様しか知らないことに 対して,人間が設定する仮定とそれに基づいた数学モデルに は間違いも適用範囲も避けられませんよ。つまり,科学的 結果・主張というのは,それが前提とした仮定と用いた モデルが適用できる範囲でしか,事実をある誤差の範囲で 表現しただけのものです。 学部学生の理系の実験結果を考察させると,あたかも 講義で習った理論解が正しくて,そこからずれている のは誤差だという学生がほとんどです。でも本当でしょ うかねぇ。理論解は神様が教えてくれたものではなく, 人間が導いただけのものですよ。

規則と科学的法則は違います 「例外のない規則はない」という場合は人間が作った規則のことを言ってるんだと思いますよ 科学法則の場合そもそも例外があったらまずいです 文系学問は当然原則と例外で成り立ってます、法律や経済などは対象が人間社会なので、到底一般化できないからです