ID非公開

2023/12/5 20:30

33回答

ふと思ったことだが「士」という漢字は小学4年生で習うのに人べんが付く「仕」という漢字はなぜ小学3年生で習う漢字なのでしょうか?

日本語 | 小学校93閲覧

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

お尋ねの「基になる漢字が後」の事例をいくつか記してみます。 ① 交‥2年・校‥1年 交通と学校ですから、 ② 永‥5年・泳‥3年 永遠と水泳ですので、 ③ 及‥中学・吸‥6年・級3年 及第と呼吸と学級です。 「身近であるかないか」 このことが漢字の学年別配当の大きな基準となっていることをご理解いただけたでしょうか?

その他の回答(2件)

小学校で習う漢字は、単純に画数や偏と旁だけで決まっているわけではなく、たしか使用頻度などが考慮されていたはずです。 仕は「仕事」で使われる漢字です。幼稚園児でも「パパのしごと」や「ママのしごと」と言いますし、日常でよく出てくる言葉ですので、多少画数が多くても、よく使われる言葉は先に習うのだと思います。

士のつく言葉より仕のつく言葉の方が数が多く、日常的に使うからでしょうか 武士、士魂、士民 仕事、仕上がり、仕入れ