ここから本文です

長篠の戦いのとき、織田信長が武田をやぶった勢いでそのまま武田の領土に攻めたら...

hit********さん

2009/8/316:51:34

長篠の戦いのとき、織田信長が武田をやぶった勢いでそのまま武田の領土に攻めたら滅亡させれたと思いますか?

閲覧数:
390
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ina********さん

2009/8/321:50:38

鉄砲隊の攻撃を防ぐために篭城されたら補給が続きません。
その間に別の戦国大名に襲われるかも知れないので、あそこで引き上げるのが賢明だったと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ac2********さん

2009/8/812:12:06

長篠の戦って織田・徳川連合軍の圧勝みたいに言われてるけど

武田軍と織田・徳川連合軍の死傷率は共に異常な程高いです

片方の死傷率だけを見ると「ああ負けたな」と感じます

両軍比較してはじめて、織田・徳川連合軍の辛勝だと理解できるレベルです

私的にはどっちも負けです

仮に補給等の諸事情がクリアできたとしても兵の士気が著しく低下し不可能だったのでは?

兵に十二分な休息が必要だったのでしょう

pat********さん

2009/8/610:20:42

質問の意味がよく分からないのですが、長篠周辺で戦うことを目的とした織田軍がどうやってそのまま武田領に攻め込むのでしょうか?
そもそも長篠の戦いは武田が徳川方に寝返った奥平貞昌を攻めたのが始まりで、織田は徳川の要請で援軍としてきています。当然、補給もその目的で考えてます。
追撃・山狩りくらいはしたでしょうが、攻め込めるわけがありませんし、そのメリットもありません。
まず織田は近年戦争続きな上に当時も石山本願寺とも戦争中と、畿内の情勢も不安定です。食料品の相場も上がっているでしょう。
そんな中、信州くんだりまで三万の兵力を動員すれば、それこそ金も米もかかります。三万の大軍の補給物資です。乱取りなんかで補えるようなものじゃありません。
さらにそのまま攻め込めば有力な国人衆も武田の味方です。調略も不十分に橋頭堡すら見つからないまま侵略戦争をしたところで、犠牲が大きくなるだけです。
ついでに仮に武田を攻め滅ぼせたとして、領地は奪ったら守らなければならないので、上杉・北条の抑えのために常時三万近い兵力もさかれることになります。
以上、デメリットしかありません。
いくら裕福な織田軍とはいえ、そんな馬鹿なことをしていたらすぐに金が底をつくのではないでしょうか?

kaa********さん

編集あり2009/8/523:31:32

難しいところです。
敗れたといえども、国元には1万以上の兵を持つ武田です。有力武将を多数討ち取られるも、まだ高坂弾正や真田などの名将がおり、地の利が敵にあることから滅亡させるにはかなりてこずるものと思われます。
織田の兵は相手を徹底的に殲滅すると言われていたので、蹂躙されることを恐れた兵士(武田は農兵が多い)がそれに対し死に物狂いで抵抗されれば苦戦は必至でしょう。なので、内部分裂していく武田家を助長させる方針は間違っていなかったのでしょう
そもそもが長篠の戦もかなりきわどい戦であり、信長・家康も勝ちに至るまでに少なからぬ痛手を負っています。調子に乗って追撃戦を掛け山奥まで引っ張られた挙句に補給を立たれたらひとたまりもありません。
また、信長には時間的な余裕がありませんでした。あらゆる方向に敵を迎えていた信長は、タイミングよく相手を殲滅しないと、その隙にわき腹を食い破られる可能性が高かったのです。(このときも、西に本願寺・毛利、北に上杉がおり、どの方面においても予断を許せる状況ではなかった)実際には、この一線に織田は鉄砲をかき集めたり、西方面の担当の明智を呼び寄せたりとかなりの力を傾けています。
もし、そのまま武田に攻め入っていれば、主力が東を向いている状態なので毛利が動き、かつ上杉も黙ってみてはいなかったでしょう。

dar********さん

2009/8/322:39:25

戦とは「勢い」に乗じてどこまでも攻め込めると言う性質のものではないでしょう。
戦となる前に、どこでどれだけの規模の戦となるのか、そして戦にかかる期間もある程度は想定されていて始めるものでしょう。
自ずと食料の確保問題とか武器弾薬の補給問題とかもありますし。

とかく戦における敵側の総大将の首を獲らねば完全勝利とは言えない、決着がついたとは言えないと思いがちですけど、現実というものは全然違うと思いますよ。
当面における最大の敵国との大戦をした上で敗走してしまうと言うことは、自軍の武将達をはじめとする部下、領民達に与える心理的なる影響は甚大となる筈です。
敗れれば裏切りも続出するのも道理ですよ。
大戦における大敗をしてしまうと言う事は総大将の力量とか武運とかも自然に測られてしまう事なのです。
ジワジワと甲斐の国も斜陽化していく事も宿命と言うものでしょう。

その後で大きな挽回が出来るのか、出来ないのか?それでも全然違って来ると思われます。
お屋形様の判断で国は簡単に滅びもすれば隆盛もする、そういう事でしょう。

aka********さん

2009/8/318:54:20

ここで高坂あたりがかけつけて見事な策略で織田軍を翻弄しないあたりが三国志演義と比べてつまらないです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる