ここから本文です

儲かる農業を教えてください!

toy********さん

2009/8/809:00:16

儲かる農業を教えてください!

現在、親の畑を手伝いながら農業を習っているけど農業はやっぱりキツイのが本音で、体力的にも経済的にも・・・
だからこれからの農業は儲けてなんぼだと思うんです。ちなみにうちの畑でやっている玉ねぎは自信があります!
どこに出しても恥ずかしくない商品なんでコレを武器にして市場以外に直接お店に売りたいけどなんせ何も知らない
自分なのでこれからどうしたらいいか教えてください!気持は本気でこれからの儲かる農業を考えているし広げていきたい!

閲覧数:
17,459
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

vol********さん

2009/8/1211:47:33

農業機械流通に携わるものです。非常に前向きな若者的向上心に応援したく、私的意見を老婆心ながらさせていただきます。
大規模化はまず反対です。私のお知り合いの農業法人さんは借地も合わせて市街地であるにもかかわらず60町歩を保有し、年商2億程の売上をあげていますが、収支はトントンです。政治に太いパイプを作り、政策、補助、ありとあらゆる手法を行って
の経営です。私が思うに一番の問題はやはり非効率ということです。直径20kmの市街地に転々とする農地。軽ダンプでフル稼働。若い人夫を6人程使って、除草、開墾、消毒・・・。年中大忙しといった感じです。もちろん借り入れも相当な額だと思いますが、その辺は国の助成などをうまく使って経営できるとは思いますが・・・・。

しかしですよ、やはり海外の大規模農家と比べると大人と子供なんですよ。イタリアのブドウ畑を列車の窓から眺めていましたが、延々40km程ぶどう畑なんですよ。収穫機械も住宅ほどの大きさだし、とにかく効率よくてたくさん収穫できるし、日本農業はかないません。日本の農業は費用対効果が非常に悪いんです。

となると、あなたは人がやらないことで成功するしかありませんよね。
農業で儲かっている人はこれも私なりな意見ですが市場をよく研究してニーズがある作物を作ってある方か、ブランド力がある産地でそれにのっかった生産をしてあるかですよ。
魚沼産こしひかりなど正に代名詞だと思いますが。日本全国寒暖の差が激しく、水がおいしい地域なんて他にいっぱいありますよ。でも最高の値段をつけるのが魚沼でしょう・・。ようはあなたが生産物をどうブランド化することができるかってことです。
マスコミ戦略も大事ですよ。渋谷発ギャル米なんてまさにメデイア戦略だと思いませんか?収穫したギャル米はいくらで市場に出回るのでしょうね。

もしくは希少野菜は今後も需要があるのではないでしょうか?後はどう流通させるか?研究したら絶対販路はあると思いますよ。
頑張ってください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fir********さん

2009/8/1112:58:21

若い人がやる気を出すのは結構なことですな。

儲けたいなら規模を追求することです。
タマネギ売り上げで単純に年収2000万円叩き出すのは至難の業ですが、一億円売り上げて経費に8000万円使ったあげくの2000万円は可能ということ。
主力がタマネギなら植付けと収穫だけに重点的に労働力を投下すればよい。
まず、生協などの大口需要者と契約して定額全量引取りの筋道を作ります。
後継者難で空いている畑を契約して借り上げ、パートを募集して植付けと収穫に投下。
植付けはマルチ栽培で収量アップ。肥料は良質の有機で品質アップ。
機械はトラクター、収穫機の大型を。
乾燥室を作ってコンテナ採りで即乾燥。冷蔵業者と契約して契約分をどんどん出荷する、と。
タマネギの反収が80万なら10ha以上で完全に企業的経営が軌道に乗ります。

一足飛びに青写真通りにいきませんが、少しずつ筋道をつけて10年計画で大規模化を目指しては?
タマネギは重点野菜で需要が途切れませんが、重量野菜なので高齢者は経営しきれなくて耕作放棄することも多い。
若さを武器にそこを利用すれば儲けられます。

野菜の直接販売はいいことですけど、「儲ける」にはどうかなあ。
高級果物と違って重量単価が低いので、逆に手間ばかり増えることになると思うよ。
個人の八百屋さんを何軒も契約して宅配する手もありますけど、代金の振込みがルーズなところもあるのでトラブルが出ます。
加工販売は自分で手がけるならいいですが、原料供給なら二束三文、委託なら普通に売るほうがまし。

ast********さん

2009/8/814:38:50

かつての経験者ですが、確かに農業で儲けるのはなかなかたいへんですね。ただ私は農業は気楽にやれてなんぼと思ってやっていました。当時の仲間の成功事例は
①単一品目大規模生産。これは、機械化と作業の画一化で収益をあげます。
②希少多品目少量生産、これは、高値で販売できますが、すぐ普及しますので、次々と品目を開発していかなければなりません。
③農家レストランなど観光を取り入れた複合経営。
などが経済的に優位なようです。これは実例ですからこれまでのもので、これからは、更に新手な方法があるはずです。
一般的な作物では、最高の品質のものをつくれば確かに相場はよくなりますが、かならずしも儲けているとは限りません。それなりに手間がかかるのと、全国的には上には上がいるからです。
それと、産直市場とか、青空市とかいった、農産物直売所が全国的に増えているようですが、ここでの販売はやはり、片手間規模だと思います。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる