ここから本文です

USB-HDDの通信速度が使用中に低下する現象について。

ele********さん

2009/8/2008:33:22

USB-HDDの通信速度が使用中に低下する現象について。

以前にもパソコン・周辺機器カテで質問したことがありますが、
期待する回答が得られませんでしたので、あらためて工学的な
側面から回答を頂きたいと思い、カテ違いで再質問します。

USB2.0接続の外付HDD(BUFFALO製 HD-CEU2)を使用して
数十GBデータのバックアップをしていましたが、データのコピーを始めて
しばらくの間は35MB/sくらいの速度が出ていましたが、徐々に速度が
低下していき、最終的には3.7MB/sくらいまで落ち込んでしまいました。

速度低下の様子も徐々に変化するものであり、そこそこの長時間まで
35MB/sの表示が出ていましたので、ディスクキャッシュや表示誤差の
影響は少ないと思います。
常駐ソフトはありませんし、USBにもキーボードとマウス以外のものは
他につないでいません。

使っているPCは、GATEWAYの今年モデルであるSX2300-21であり、
PC本体や外付HDD、それにUSB2.0のスペックから概算しても、
そこまで遅くなるはずがないと考えています。

また、Gateway製品はOS(Vista)以外はほとんど何もインストール
されていない状態で販売されていますし、ほぼその状態のままで確認
しています。

この現象の原因が何であるのか知りたいのですが、心当たりのある方が
いましたら教えてもらえないでしょうか?

例えばUltraATAのHDDの場合、PC起動時にBIOSでHDDのDMA転送
モードが設定されますが、転送エラーが頻発すると、徐々に転送モードを
下げていって速度も遅くなり、最終的にPIOモードになってしまう場合がある
という話があります。
ただし今回の場合は本体側HDDもシリアルATAですし、コピー先はUSB2.0
の接続なので、直接的に同じ問題ではないです。

USBの通信プロトコルにはそれほど詳しくありませんが、CRCで通信エラーは
検出できるはずですので、エラー&リトライが頻発すると、通信レートを
下げるような機能でもあるのでしょうか?
実際、USBの信号品質(ノイズ等)はハードウェア設計やケーブル品質で
大きく変わるはずですので、そういう仕組みがあるのなら、ある意味納得
できるのですが。

閲覧数:
3,885
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

del********さん

2009/8/2019:53:20

sn7400nsrさんの言っている事くらいしか思いつきませんが
条件にも依ると思いますがwebで見ると平均20MB/sいけば良い方かと。
i/oの速度がある程度分かるツールが有りますので参考になれば。
私はこれを使ってます。おまけのT.Mよりいいです。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090803/335029/
Free Extended Task Manager
http://www.extensoft.com/?p=downloads
日本語化ファイル
http://blog.servered.net/2009/01/free-extended-task-manager.html

質問した人からのコメント

2009/8/21 22:15:48

感謝 みなさん回答ありがとうございました。

とても良い回答で全員BAにしたいくらいですが、以前から「こういう
ツールが欲しい」と考えていたものを紹介してくれたdeloringmanさんを
BAに選ばせてもらいます。

Cドライブをまるごとコピーしたデータだったので、ファイル数が多い上に
ディレクトリツリーが深いため、ファイルシステムのアクセスが遅くなるのは
ありそうですね。
紹介してもらったツールで、少し調べてみたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dec********さん

2009/8/2022:58:49

USBにはエラー頻度に応じて通信レートを下げるような仕組みはありません。bitレートは一定です。ただ、通信エラーが発生したパケットは当然、再送されますからその分、そのときに限って、結果的な通信レートは下がるように見える事は有るでしょう。しかし、データコピーの後半にそれが発生すると言う事なら、そして、それが再現性を持つのなら、USBの通信速度による制限ではなく、HDDアクセスに関するところの処理の方がボトルネックになっていると考えるのが自然でしょう。

一点突破さん

編集あり2009/8/2010:12:06

では1つの可能性と言うか 考えられる事を

データのバックアップと言う事で複数のファイル、フォルダも含むものであるかもしれませんが
その中で容量のわりに大量のファイルが存在しませんでしょうか?
たとえば1ファイルが数kバイトなのにファイルが何百、何千と存在するとか

始めのうちは比較的容量の大きなファイル群のコピーが実施されていて速度が急速に落ちる時期には大量のファイル数をコピーしている状態ではないでしょうか?
これはファイルの数があまりにも多くあり、しかもその容量が小さいものとなると実質転送速度が大幅に低下してしまう現象です

私どももよくユーザーシステムのバックアップを行うのですがサイズの大きい(数十Mバイト)のファイルですとほぼ最高値を示すので全体の容量から完了時間を算出し作業にあたります
しかし、CSV等の数kバイト程度のサンプリングデータが多量にある場合はたかだか100Mそこそこの全体容量に数時間必用とかと言う事になります

※全然工学的回答になっておらず申し訳なき次第
このあたりPCカテで既に指摘されているかも・・・・・

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる