ここから本文です

ことわざで『仏の顔も三度まで』というのがありますが、四度目はどうなるんですか?

hur********さん

2009/8/2515:18:10

ことわざで『仏の顔も三度まで』というのがありますが、四度目はどうなるんですか?

閲覧数:
138,965
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

roa********さん

2009/8/2608:44:10

これが、ちょっと複雑なのです。

そもそも、「仏の顔も三度まで」という言葉が一般にはかなり浸透しているのですが、本来は「まで」は無く、「仏の顔も三度」です。

さらにこれは「仏の顔も三度撫づれば腹立つる」の略。
この「三度」というのは、仏様の顔を撫でる事なのです。

意味は、いくら慈悲深い仏様でも、顔を三度も撫でれば怒る、という事から、「普段どんなに優しく穏やかで滅多に腹など立てないような人でも、道理に合わない無法無体を重ねられれば、仕舞いには怒り出す」というような感じです。


もしもこれが「仏の顔も三度まで」ならば、「三度まで」撫でても許してくれるので、怒り出すのは四度目です。
しかし、本来の「仏の顔も三度撫づれば腹立つる」ならば、二度目までは許してくれても、三度目で怒り出す事になります。

というわけで、三度目でもう怒っているのですから、ご質問の四度目ともなれば、仏罰のひとつぐらい下ってもおかしくありませんね。



……ところが、この「仏の顔も三度」の由来となった話までさかのぼると、また事情が違ってきます。

こちらに詳しく書かれているのですが、携帯電話から見られるでしょうか……?

http://www.enpitu.ne.jp/m/v?id=104147&pg=20090426

以下、簡単にあらすじを説明します。


お釈迦様(仏様)が生まれた釈迦国の隣に、コーサラ国という強大な国がありました。

コーサラの王は妃を釈迦国から迎えたいと申し出たのですが、釈迦国の王は、武力に物を言わせるコーサラ国に王女を嫁がせるのを快く思わず、ある富豪が身分の低い女性に生ませた娘を、身分を偽ってコーサラ国に嫁がせました。

その娘が生んだ王子は、やがて自分の出生の秘密を知り、王位を継いだ後、恨み募る釈迦国を滅ぼそうと出兵します。
これを聞いたお釈迦様は、釈迦国へと続く一本道にある枯れ木の下に座禅して兵を待ちます。

王は、「お釈迦様、他に繁った木があるのに、なぜ枯れた木の下にお座りですか?」と尋ねました。
するとお釈迦様は「王よ、枯れ木でも親族の木陰は涼しいものである」と答え、自分が釈迦国の生まれである事を暗に伝えます。
昔からの言い伝えに、「遠征の時に僧に会ったなら兵を撤退させよ」というものがあり、王はそれに従って兵を撤退させます。

しかし、それでも王は怒りが収まらず、再び出兵。
お釈迦様はまた枯れ木の下で座禅をして待ち、同じやり取りで兵を退けます。

さらにこれが、三度目の出兵にも繰り返されます。

ですが、四度目には、お釈迦様も釈迦国にある因縁を悟り、兵を阻止する事をしなかった為、結局釈迦国はコーサラ国王によって滅ぼされてしまいました。

しかし、戦の7日後、恨みを晴らしたコーサラ王も、川で遊行をしていた際に暴風雨に襲われ、兵達とともに命を落とし、宮殿も雷の為に焼かれてしまいました。



……と。
「仏の顔も三度」という言葉の由来には、このようなエピソードが下敷きとなっているのだそうです。
顔を撫でる、というのは、話を簡単にするためのものの喩えでしょう。

注目すべきは、ここでは仏様が「三度まで」コーサラ王の軍勢を退けている点です。
そして、四度目には怒ったわけではなく、「敢えて何もしない」という選択を行っています。慈悲をかけるのを諦めた、といったところでしょうか。


このエピソードにまで立ち返れば、「仏の顔も三度まで」という「まで」付きの言葉もあながち間違いではない、ともいえなくもありません。
それでも、現在では厳密には「仏の顔も三度」の方が正しいことわざとされていますし、三度目には「怒られる」という解釈になっています。

まあ、三度目にしろ四度目にしろ、怒られるにしろ見放されるにしろ、温厚な相手にでも無法無体を繰り返してはいけませんよ、という事ですね。


参考になれば幸いです。(礼

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「仏の顔も三度まで」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

uko********さん

2009/8/2523:45:56

借金は、4回目は、断られる。
借金の、返済遅れは、3回までしか、待ってもらえない。
一番多くつかわれる背景かと思います。

kum********さん

2009/8/2520:56:36

おそらく「ほっとけ!!」と言われると思います。

(正解でしょうか?)

yuk********さん

2009/8/2515:24:55

いつも笑っている仏様も、何度も顔を触られるのは限度があり、怒っしまいます。きっと、四度目は怒ってしまうのでは?

あまりしつこいのは、よくないって事ね。

hos********さん

2009/8/2515:19:11

祖父が無くなったときこっそり四度目の顔も拝みましたが、とくに変わりありませんでした。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる