ここから本文です

宅建の手付で代金額の100分の5以下、かつ、1000万以下とはどういう意味な...

sin********さん

2009/9/2200:14:37

宅建の手付で代金額の100分の5以下、かつ、1000万以下とはどういう意味なんでしょうか?1000万以下という部分が意味わからないんですよ?親切な方教えて下さい

閲覧数:
684
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2009/9/2216:00:32

手付けは2割まで受け取れます。
手付けの保全措置といって、未完成物件を売買する時に手付け額が一千万以上かつ5%以上だと保全措置を講じなければならないというのがあります。
バブルの時期に1000万円という規定はなかったそうですが、手付け額が馬鹿高くなることがあったため、こういう規定になったそうです

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kat********さん

2009/9/2207:41:53

「一千万」という金額 よ~く考えて
500万 60万 30万もあったけど・・・・
それを超えたら不動産屋払えないよね。だからで何かあった場合は払えないから保管しますよ~
と言う事です。
だから大きな買い物をする支店が多い不動産屋を選ぶことですね。

chi********さん

2009/9/2200:35:45

基本的に手付けの額は、売買代金額の5%以下でなければなりませんが、仮に手付けが代金の5%であっても、それが1000万円を超えているなら、手付けは1000万円に制限されるということです。
たとえば土地の売買代金が1億円の場合は、その5%は500万円ですので手付けは500万円以下でなければなりません。
一方、売買代金が3億円なら、その5%は1500万円ですが、1000万円を超えていますので、手付けは1000万円以下でなければなりません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる