ここから本文です

犬好きな作家による、犬についての随筆・エッセイってありますか?

suesasalotusさん

2009/9/2718:27:55

犬好きな作家による、犬についての随筆・エッセイってありますか?

私の印象では、作家は猫好きな人が多くて、猫(それも自分の飼っている猫)に関する随筆やエッセイ(あるいは漫画)は枚挙にいとまがないくらい沢山あるように思うのですが、犬を主題にした随筆・エッセイはあまりない気がします。
芸能人(それも若い女性)などは、犬好きが多数っぽい感じですが、文筆業にたずさわる方で犬好きな方というのは、あまり思い浮かびません。

犬好きで有名な文筆家さん、犬が主役の随筆・エッセイをご存知の方、教えてください。

閲覧数:
1,188
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pjatgmjaさん

2009/9/2721:54:30

たくさんありますよ。
中野孝次『犬のいる暮し』『ハラスのいた日々』、
安岡章太郎『愛犬物語』、
近藤啓太郎『愛しき犬たち』、
野田知佑『ともにさすらいてあり』、
などなど。特に近藤啓太郎氏は大の愛犬家として有名だったそうで、他の作家の随筆に(上に挙げた安岡章太郎氏の著作等)ちょくちょくエピソードが出てきます。

質問した人からのコメント

2009/9/30 17:37:35

成功 ああ~、こんなにあったんですね!沢山紹介してくださったので、BA差し上げます。
『夜、でっかい犬が笑う』も、説明がとても魅力的で是非読んでみたくなりました!お二方とも、ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kmbch_515さん

編集あり2009/9/2804:26:24

丸山健二『夜、でっかい犬が笑う』(文春文庫)

犬達との日々を綴った爆笑エッセイ。丸山さんの小説よりも読みやすく堪らない面白さです。

著者は“理想の犬”を求めて、次々に犬(大型犬)を飼います。犬を売る業者に騙されたり、犬と格闘したり。人間と犬を容赦なく、しかしユーモラスに批判し、人間と犬のさまざまな個性をあぶり出します。

ただ犬を可愛がるだけの愛犬家の方は、不快感を覚えるかもしれませんが、そんな方にも読んで欲しいですね!

絶版のようですが、Amazonで古本が入手可能です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。