ここから本文です

人工の練りわさびや練りからしは、どうやって作るのですか? 原料はなんでしょう...

aza********さん

2009/9/3019:31:35

人工の練りわさびや練りからしは、どうやって作るのですか?
原料はなんでしょうか?
どうやって、あの、つーんとくる辛さを出すのでしょうか?
とても不思議なのですが・・。

閲覧数:
2,234
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sum********さん

2009/10/216:06:50

練りわさびの原料は西洋ワサビですねー。
いわゆるホースラディッシュとよばれる物で、日本のワサビ(本ワサビとか水ワサビという)と違って清流ではなくごく普通の畑に植わってますので、山ワサビとか根ワサビとも呼びます。
どちらも細かくすりつぶすことで辛味が出るので、本わさびの場合、サメの皮でゆっくりと細かくするのが本式ですね。
練りワサビに粒が残ってるやつがありますが、あれはどうなんでしょう?

からしは洋がらしと和がらしがありますが、両方ともからし菜と呼ばれる植物の種ですね。
練りワサビは洋からしでしょう。
マスタードシードを潰して粉にし、水を加えて練ることで、酵素が活発になって分解された成分が辛味を感じさせるそうです。
一般的には、和からしは練る時に砂糖を一つまみ入れ、洋からしは塩を一つまみと酢を入れて練ります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる