センターレベル 地学 質問 模試のやり直しをしているのですが、 わからないところがあります。 独学でやっていて、周りに聞ける人がいないので ここで質問させてください。

センターレベル 地学 質問 模試のやり直しをしているのですが、 わからないところがあります。 独学でやっていて、周りに聞ける人がいないので ここで質問させてください。 ・塊状溶岩とはなんですか? また、枕状溶岩と縄状溶岩との違いはなんですか? ・表層混合層では、低緯度ほど温度が低いのですか? よろしくお願いします。

大学受験295閲覧

ベストアンサー

1

塊状溶岩: 玄武岩質溶岩では,比較的厚い溶岩流の一部が冷え固まったあとも,溶岩流の動きが続くので,固まった部分が破砕されて,似たような大きさの塊状に破砕されたものです。溶岩流の厚さは,溶岩流の先端のほうが厚いので,そのようなところで崖のように見られる場合が多いです。それより粘性の大きい安山岩質溶岩などでは,このような現象が顕著に見られます。固まったあとの流動する溶岩の粘性が大きいため,大きく割れやすいからです。 繩状溶岩: 粘性の小さい溶岩流の表面に,縄を巻いたような模様が見られるもののことです。溶岩流の表面に生じたガラス質の殻が内部の溶岩の流動によってよじれて変形するためにおこります。 枕状溶岩: 塊状溶岩や繩状溶岩は陸上での現象ですが,枕状溶岩は,水中での現象です。海底での噴火や,溶岩流が沼地や湿地を通ったときによく見られるものです。外見としては,丸みを帯びた溶岩の塊(ピローローブ:pilow lobe)が集合しているような溶岩流のことです。粘性の小さい溶岩に多く見られます。丸みを帯びた塊の表面には,ガラス質の殻が備わっていて,塊と塊の間は,変質した火山ガラスや,溶岩が水に接したときに起こる水蒸気爆発などで巻き上げられた海底の堆積物(石灰岩や砂・泥岩,固結していない砂泥など),細かい溶岩片やハイアロクラスタイトなどで充填されています(インターピロー:interpilow)。ガラス殻を形成しても,内部の溶岩は熱く流動するので,ガラス殻を破って流出してきます。そのせいで,頭地の流動方向を判定することも可能です。枕状溶岩の表面には,繩状のしわや,拡張割れ目などの模様ができることもありますが,あくまでも枕状溶岩です。 表層混合層は,低緯度ほど温度が高いです。 表層混合層には,季節によって水温が上がる層があります。それは太陽の熱によるところが大きいので, 低緯度のほうが,太陽の照射熱は大きいですから,低緯度ほど温度が高くなります。 表層混合層は,よく水温が計られている部分ですし,また,海流による熱輸送は,低緯度から高緯度に向かって輸送されていますから,低緯度のほうが温度は高いのではないでしょうか。 ご参考までに。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

助かりました! 模試の解説があまりにも雑すぎて困ってたんです…^^; ありがとうございました!!

お礼日時:2009/10/12 16:53