ここから本文です

連結会計の子会社株式の追加取得について

eda********さん

2009/11/718:16:33

連結会計の子会社株式の追加取得について

追加投資額と追加取得持分との間に生じた差額を「のれん」または「負ののれん」として処理するとありますが、原始取得日の原始投資額と原始取得持分の相殺消去では、「のれん」が計上された後、追加取得日で追加投資額と追加取得持分の相殺消去を行った時、「負ののれん」が計上された場合、のれんを減少させるのですか?それとも新たに負ののれんを計上するのですか?

閲覧数:
1,051
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mmk********さん

2009/11/813:04:10

計上します
しかも別物と考えた方がいいと思います。
つまり償却も別々にします。

しかしこれは追加取得日に計上したのがのれんの場合です
質問のケースでは注意が必要です
負ののれんに関する処理が改正されたため
負ののれんは発生時点で「負ののれん発生益」として一括処理です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる