ここから本文です

犬にトマトはアルカロイドを含むためダメという事を知りました。うちの子が今食べ...

アバター

ID非公開さん

2009/11/1215:01:58

犬にトマトはアルカロイドを含むためダメという事を知りました。うちの子が今食べているドッグフードは、トマト入りです。少しではなくトマトが入っている事が特徴のような…BIOボッシュのシニアトマトです。

他のドッグフードにもトマトはよく含まれていますが、大丈夫なんでしょうか?
少しでも体に悪影響が心配されるものは避けたいです。

生で食べるのがダメで、ドッグフードに入っているのは大丈夫でしょうか?

よろしくお願いします。

補足皆さんありがとうございます。急に体に悪影響が出る量ではないですが、毎日トマト入りのフードを食べていても大丈夫という判断でいいでしょうか?もちろん、私自身の判断になりますが心配なので参考までに…。生のトマトは毎日は食べませんがフードに入っているとどうしようもないので・・(どのくらいの量かは分かりませんので余計に気になりまして)

閲覧数:
30,229
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oya********さん

2009/11/1413:44:31

アルカロイドは人にとっても有毒です。

ただ、トマトが濃縮されたソースを使う機会の多いパスタやピザなどのイタリア料理をよく食べるイタリア人はアルカロイドの被害に悩まされてるなんて聞いたことありますか?

「トマトにはアルカロイドが含まれているから犬に与えるべきでない」
と主張するのは、
「飛行機に乗ると墜落して死ぬから乗るべきでない」
とか
「野球やサッカー等のスポーツをすると怪我をするからやるべきでない」
と言っているのと同じようなもので非常に大げさな主張ではないかと私は思います。



ちなみにマウスを使った実験から50kgの人がアルカロイドの摂取により半数中毒死できる量は
完熟したトマトの果実で4000kg
熟したトマトの青果実で33kg
未熟のトマトの青果実で3.4kg
を一度に食べた時なんだそうです。

ということは5kgの犬が完熟トマトの果実を一度に食べて半数中毒死できる量は計算上『400kg』になります。

加熱すれば大丈夫という以前に、普通に大丈夫なんじゃないでしょうか。

ちなみにうちの犬(コーギー)は手作り食でしょっちゅうミニトマト(1回30~50g)を使いますし
生でもしょっちゅう食べさせてますが、
それで何か問題があったことはないですよ。

ちなみにそのフードがトマトを使っているのはトマトにはアルカロイドの害を遥かに上回るトマトの効能・効果があるからでしょう。


まぁ、考え方は人それぞれでアルカロイドが含まれているのは間違いないのですから
どうしても気になるようでしたら食べさせない方がいいとは思いますが。



〓追記〓
個人的にはトマトは積極的に食べさせたい食品の1つです。

うちの犬は1週間単位で使用する野菜を決めているので
今週はミニトマトを使っていませんが、ナスを使ってます。


私は昨年末月から手作りを始めたのですが、積極的にミニトマトを使っているからとは言いませんが、ドッグフードを食べさせていた時より全てにおいて体調が良いですよ。


毎日トマト入りのフードを食べさせて大丈夫かと聞かれれば
「大丈夫です」というのが私の回答になります。

毎日食べさせることがどうして気になるなら、ローテーションすればいいだけのことだと思うのですが、ホント、気にしなくていいと思いますよ。


ちなみに何故ミニトマトかというと、トマトより小さく使い勝手が良いことと、リコピンの量が多いからです。
リコピンは普通のトマトよりミニトマトやトマトジュースやトマトピューレに使われる加工用トマトの方が多いので
個人的にはそっちの方をオススメします。

さらにちなみに、トマトピューレを使った手作り食を作ったことが何度かあるのですが
その度にトマトピューレを使い過ぎて真っ赤なうんこが出てきます。

もちろん、それだけ使っても中毒なんて起こしていません。

アバター

質問した人からのコメント

2009/11/18 20:03:07

成功 皆さんありがとうございます。害になる量がフードに入っているわけではないので安心しました。
それよりリコピンの力で健康に良さそうなので試してみます。詳しくご回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kin********さん

2009/11/1221:58:36

他の皆さんに付け足します。トマトに含まれているリコピンには、癌抑制作用があります。トマトを含むフードは沢山あります。おそらく、発癌を防ぐためでしょうね。

thi********さん

2009/11/1215:50:50

トマトに限らず、多くの野菜にアルカロイドは含まれています。
ただ、トマトやじゃが芋、ピーマンなどのナス科の植物は特に注意が必要というだけですね。
未成熟なものほど多くアルカロイドを含むので、トマトの場合は熟したものを更に加熱すれば多量に摂取しない限り心配はないそうですよ。

yyk********さん

編集あり2009/11/1217:19:43

書かれている様に「アルカロイド」は自然界の中では毒成分です。トマトやプチトマトに多く含まれています。また他の多くの植物にも含まれています。自然界で確認されている種類だけでも2000種以上あります。
しかしそれらのアルカイド成分はアルカリ成分で分解されます。または水にさらす事で溶け出します。そしてトマトでは茎やへたや葉に多く含まれていると言う事ですからへたを綺麗にとって与える分には構わないと言う事でもあります。
自然界に存在する多くのこれら毒成分も上手く使えば薬となります。良薬も使い方を誤れば毒です。

そして厳密に言えば全ての野菜に色々な毒成分が含まれています。ジャガイモだって同様ですしカフェインも毒に変わりはありません。
犬にとって大量の野菜を与える事を避ければ問題はないと言う事です。
ネギ類はダメと言われますが食べたから即死亡すると言う事でもなく、同じネギ系でもニンニクは良いという人もいるくらいです。
また、犬の個体差もありますからその辺りは上手く判断して与えるフードを選択されれば良いと言う事です。
犬によっては体調や消化系に合い合わないというフードは存在します。

hik********さん

2009/11/1215:22:25

よく考えてください。
犬の体に悪い栄養素のあるドッグフードを
売ってるとこなんて悪徳業者に間違いないです。
ちゃんとした栄養も含まれてるし、
悪い栄養素も抜いてあるし、安全だからドッグフードは売ってるのです。
犬に悪い成分は入ってないと思いますよ^^
安心してくだせぇ^^

それでわ^^

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる