ここから本文です

就職・転職すべきか、このままフリーランスを続けていくべきでしょうか?

che********さん

2009/11/1221:25:40

就職・転職すべきか、このままフリーランスを続けていくべきでしょうか?

フリーでWEBデザイナーをしている29歳の女です。WEBの専門学校を卒業後、周囲の人から仕事をもらい、就職せずになんとなく6年やってきました。デザイナーといっても、FLASHのオーサリングやコーディングも行っています。仕事の半分以上がそっち系です。

時代の流れなのか、数年前からプログラム系の案件(FLASHやAJAXのカスタマイズなど)の難易度が上がり、苦痛を感じるようになってきました。FLASH職人でもなく、コーダーでもなく、デザイナーとして評価されたときだけやりがいを感じます。

しかし、FLASHもデザインも中途半端なスキルしかなく、仕事の進め方も独学。このままでいいのかと30を前にして悩んでいます。今ではプログラム色の強い案件を請けるとそれだけで胃が痛くなります。かといってフリーランスの立場が安易に「できません」と突っぱねるのもどうかと思い、結局胃が痛いです。

専門を出るまでは、ごく普通の大学を卒業した、何の特技も持たない人間でした(クリエイターでもプログラマーでもありません)。WEB「デザイナー」という職業に憧れはありますが、こんな中途半端なスキルでは就職しても結局行き詰って同じ悩みに戻るのではないか。制作から少し離れたディレクターとして目標を立て直したほうがいいのではないか。そもそもWEB業界は私に合っているんだろうか。今まで個人で好きにやってきたものが、この年でいきなり会社という組織になじめるんだろうか。

自分の人生なのだから、「正解」などどこにもないんだ、この不景気に甘えた悩みだと分かってはいるのですが、悩みが堂々巡りで抜け出せず、仕事に対する意欲もほとんど消えてしまいました。30を手前にして独身であることも、将来への不安を増幅させている一因だと思います。

アドバイスいただけましたら幸いです。よろしくお願いします。

閲覧数:
3,027
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

acc********さん

2009/11/1302:09:16

いやー、フリーランスかー。

いま、どんだけお金をもらってるかどうかで、ぼくは決めます。
6年間の収入を、貯金通帳とかで集計して、給料とかと比較しちゃうなー。

ただまあ、「不景気」を強調する質問からは、もうかってない雰囲気を感じますので、ぼくがあなたなら、webの制作会社にいきます。ソフト屋で、はたらていると、「webの制作会社は、デザインとかやらされるんですよ」とかそういう人が、たくさんきますんで、プログラマの人とか。

デザインを任されると、胃がいたくなる人に、あなたが、助けてあげて、逆に、コーディングを助けてもらったほうがいいかと。そうやって、チームで、仕事していけば、ディレクションの必要性もわかってくるとおもいますし。

あなたが、フリーランスで、仕事をくれた人って、どういう人なのかわからないんですけど、エンドユーザーに対する、営業センスがあるならそれこそ、制作会社で、営業を本業でやればいいじゃないですか。コンペで、はずしても、お金もらえるんですよ。こりゃいいっすよ。

下請けなら、いつでも、戻れるじゃないですか。
でも、でかい仕事や成長するには、若いうちしかないじゃないですか。
思うんですけど、選択肢はけっこうあるとおもうんです。

1.もっとプロのWEBデザイナーになる。・・・デザインに携われない仕事は、全部断る。
成果報酬で、デザインのコンペの仕事も引き受ける(そのぶん、受注したら、報酬も高く)
自分の信念を大切にし、デザインの改定案も、積極的に行う。

2.デザインの信念を捨てる。
「努力しながら死ぬより、幸福に生きるほうがいい」(byG・M・ワインバーグ)と割り切って
お給料が安くても安定できる会社に所属して、仕事に偏りすぎた自分を大切にしなおす。
この場合 「いれてくれれば、なんでもやる」 って感じ。
そのかわりプライベートより仕事、自分より家族を優先する癖を直す。

3.現状を滑り止めにしてみる。
会社に転職にあたって、自分の信念を伝える努力をする。
「こういう仕事がやれないなら、採用しないでほしい」とはっきりいう。

4.マーケティングを勉強しなおす。
デザインに偏りすぎている節があるので、SEOや広告や成約率という視点で
依頼主の希望に添えているか、検討する。

5.結婚も考えて、webのうち、デザインだけは、仕事は副業として大切にしつづける。


などなど・・。
あなたが、誰だかわからないけど、燃え尽きそうなのはわかる。
「今まで個人で好きにやってきたものが、この年でいきなり会社という組織になじめるんだろうか」
大丈夫。
デザインの信念や、フリーランスとして依頼主を守る気持ち、ぜんぶ、通用するとおもいますよ。

ただ、転職の応募には、数をこなす覚悟をきめてください。
いままで、自分がやってきた成果物を、リストアップして印刷して、応募してくださいな。
6年間の実績は、きっと評価してもらえるとおもいます。

案外、社内恋愛とかしちゃって、仕事なんか、どうでもよくなるかもww

質問した人からのコメント

2009/11/19 00:51:33

お二方とも真摯なご回答ありがとうございました!一言一句かみしめて拝見させていただきました。
「下請けならいつでも戻れる」「でかい仕事や成長するには若いうちしかない」この言葉が特に印象に残りました。将来を考えるなら、マーケティングという道もありますね。自分の人生にとって最適な道を選びたいと思います。悩みすぎて狭まった視野を広げていただき、ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

doc********さん

2009/11/1504:44:54

現フリーランス(同じ立場)からの経験から申し上げます。
胃が痛くなるお気持ち、よく分かります。
そもそも、この業界かなりストレスが溜まるのは間違いないです。
特に、外注ポジションはきついです。
数えきれない修正、猶予のない納期、わがままな会社、無能なディレクター、
支払いの悪い会社、信じられない期日とボリュームと報酬。・・・今までいろいろありました。
しかもこの現状景気ですので、どうやって生き残るかを考える必要があります。
なにしろ、外注ポジションで居ると不安定です。月100万もあれば、10万切る月もあったりする。
100万案件でも、入金までに三ヶ月かかるのなら就職かバイトするのと変わりありません。
6年もご継続されているのなら、ポリシーやプライドもお持ちだとお察しします。
わたしも長年やってきましたので、安価な案件は請けないようにしています。
しかも、この業界はフルスピードで変化していきますのでますます難易度は上がっていくでしょう。

先だってご回答されていた方のご意見のように、それでもなんとか「食っていける年収」なのであれば
この先、「頑張るのもアリ」かと思いますが、やっぱり楽しく仕事していきたいではないですか。
苦しいのは辛いです。自分らしく仕事をしていくには、どのようなスタイルで継続していくか見直す必要があります。
わたしも再々度思考錯誤してきました。やっぱり「安定」が一番です。

数年先のことを踏まえ、ポジションが明確にならないのであれば就職(永久就職も含め)をお薦めします。
独立して長年やっていくには、本腰入れて「根性」が要りますし、「運」も必要だと実感しています。
よいご回答になりませんでしたが、幸ある応援しています。がんばってください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる