ここから本文です

蜘蛛の糸は何でできているのですか?あんなに丈夫な物の素材は一体何でしょうか?...

symtn1965さん

2010/1/517:55:44

蜘蛛の糸は何でできているのですか?あんなに丈夫な物の素材は一体何でしょうか?教えてください。

閲覧数:
4,611
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/1/518:00:06

主にタンパク質でてきています
私たちが着るものに使っている糸(繊維)には動物性の繊維と植物性の繊維,合成繊維などがありますが、このうちタンパク質でできているものは羊毛のウールや、絹糸のフィブロインなど動物性の繊維です。綿や麻などのセルロース中心の固い植物性の繊維に比べて、タンパク質でできた動物性の繊維は、しなやかでじょうぶであるという特徴があります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2010/1/522:21:20

糸の組成はタンパク質分子の連鎖で、体内では液状で存在し、体外へ排出される際に空気と応力によって繊維状の糸となる。これは不可逆反応で、空気上で液状に戻ることはないが、使用した糸を蛋白源として食べ、消化して再び糸などに利用する種もみられる。

糸の強度は同じ太さの鋼鉄の5倍、伸縮率はナイロンの2倍もある。鉛筆程度の太さの糸で作られた巣を用いれば、理論上は飛行機を受け止めることができるほどである。そのため、近年では人工的にクモの糸を生成する研究も行われている。

shingo48810さん

2010/1/519:00:17

クモの糸は腹の中の紡績腺で生産され、尿にある糸いぼ(多くの場合3対)から使用目的に応じて多種類の糸を出し分ける。クモ糸の主成分はタンパク質で、その理化学的性質は絹糸とよく似ているが、伸び率はクモ糸の方がはるかに優れ、道標に使う“しおり糸”などは、絹糸よりも強靱である。 ジョロウグモでの調査によれば、連続して出せる糸の長さは最高700mだったという。クモによっては自分の網を食べてまた糸に還元するので、効率を単純に比較できないが、この長さは、カイコの絹糸の1,500mと比べても相当なものである。クモの糸だって産業的に利用しないテはないように思える。
クモの巣の薬用としての記録も多い。「網を服の襟に入れておけば健忘症が直る(中国)」などは怪しげだが、クモの巣の止血効果の記録も古くから多く、シェークスピアの『真夏の夜の夢』にもその記述がある。クモの糸には凝固剤が含まれているという近代の報告もあり、あながちただの迷信ではなさそうである。クモの糸の繊維としての利用例もあり、特に、フランスでニワオニグモの卵嚢の糸から靴下や手袋が試作され、当時の万国博覧会に出品された話はよく知られている。

クモの糸は腹の中の紡績腺で生産され、尿にある糸いぼ(多くの場合3対)から使用目的に応じて多種類の糸を出し分ける。ク...

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。