ここから本文です

何故北欧諸国は戦後、戦争に巻き込まれなかったのですか?

nan********さん

2010/1/600:36:38

何故北欧諸国は戦後、戦争に巻き込まれなかったのですか?

戦後一度も戦争をしていない国は、フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、アイスランド、デンマーク、日本、スイス、ブータン(だったかな)ですよね。
しかし、北欧と呼ばれる国は全部戦争をしていないということが分かりました。
何故、北欧は戦争に巻き込まれないのでしょうか?
寒いし資源も乏しいから侵攻する国が無いからでしょうか?
それとも、平和主義の小国だから侵略するだけ他国の非難を浴びるだけ、無駄。だからでしょうか。

閲覧数:
2,350
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

coo********さん

2010/1/610:55:07

第二次大戦後について

1.植民地獲得の経済的メリットが失われたこと。
大戦後には、北欧諸国に限らず、自国の領土を拡大するような戦争はほぼ起こっていません。

2.経済的繁栄は、自由な世界市場の下での貿易で達成されるようになったこと。

3.冷戦期にはワルシャワ条約機構とNATOのパワーバランスが維持されてきた。
米ソの基本戦略の基本は核兵器による「抑止」戦略であり、核戦争を招くようなヨーロッパの混乱は極力回避されてきた。

4.大戦後の戦争の原因になるものが、北欧諸国には無かった。
戦争の原因として
①米ソ対立の発火点という地政的な位置には無かったこと。
朝鮮戦争、ベトナム戦争、アフリカ、アフガンなどの米ソの代理戦争とは無縁の地政的な位置でした。
②民族対立
中東戦争、バルカン諸国などがそうですね。
③宗教対立
中東戦争、印パ紛争
④経済的な貧困
北欧諸国などはおしなべて豊かな国です。
⑤政体の未成熟
民主主義が確立しており、独裁者のアンバランスな政治とは無縁であり、バランスの外交を行っている。

>侵略するだけ他国の非難を浴びるだけ
機能不全の国連ともいえども、他国への侵略行為にたいしては、非難決議、経済制裁をはじめとしてそれなりに対策が実行されています。第一次湾岸戦争などは、国連加盟諸国によって、フセインは袋叩きに在ってますから。


数え上げたら、きりがないほどその理由はあります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2010/1/600:53:31

ノルディックバランス、つまりアメリカとロシアの間のバランスを上手く取りながら外交政策をしてきたからです
ただしスウェーデンやフィンランドは国連PKFという形であちこちの鉄火場に首突っ込んでいますし戦死者もいます

因みにノルウェーは世界有数の石油輸出国、スウェーデンは鉄鋼石の産地で結構資源あります

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる