ここから本文です

分母と分子の語源ってなんですか??

nao********さん

2010/1/821:03:24

分母と分子の語源ってなんですか??

閲覧数:
1,705
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

saw********さん

2010/1/822:32:10

「分母、分子」は古代中国で使わわれた単語がもとだったそうで、
大昔に中国から日本に入ってきたみたいです。
九章算術とかいうそうです。
九章算術はウィキペディアの
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E7%AB%A0%E7%AE%97%E8%A1%93
に出ています。

[日本で使われている数学用語は、中国の影響をかなり受けている。江戸時代に発達した和算の用語には、中国の数学書の用語を転用したものが多い。例えば、分数、分母、分子、約分、通分、正数、負数などは、漢代(紀元1世紀頃)の古算書「九章算術」にでてくる。
商という言葉も同様である。「九章算術」の巻5には商功という章がある。]

参考にしてください。

質問した人からのコメント

2010/1/8 23:25:49

感謝 中国からだったんですね♪
助かりました♪
ありがとうございました(>▽<)

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる