ここから本文です

00対0の追突事故の場合で頚椎捻挫。

sas********さん

2010/1/1714:45:13

00対0の追突事故の場合で頚椎捻挫。

00対0の追突事故の場合で頚椎捻挫になりました。
状況は首都高速で真後ろから追突された形。80キロで走っていて、前方が急に詰まった事(割り込み等によって起こる急な減速)により私も私の前の車も強いブレーキを踏みました。私の後ろの車は止まれずに私の車にぶつかりました。診断は頚椎捻挫。約2週間の加療見込み。示談をしてませんが現在は相手側の保険で通院をしています。この場合、治療代以外に1日あたり4500円もらえると友人から聞きました。どのようにすればもらえるのでしょうか?宜しくお願い致します。

閲覧数:
279
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jik********さん

2010/1/1715:27:49

自賠責保険の支払基準について、説明をしておきます。

日本の自動車保険は、自賠責保険+任意保険の2階建て構造です。
事故後は、加害者の加入する任意保険が任意一括で対応を開始しますが、治療費を含む損害額が120万円未満では、実は、自賠責保険からの支払いです。

自賠責保険の慰謝料は、総治療期間≧実治療日数×2、つまり、総治療期間とこの間の実通院日数×2を比較して、小さい方に4200円を掛けて求めます。

総治療期間2ヵ月で10日の実通院日数では、4200円×10日×2=8万4000円、
総治療期間3ヵ月、90日で46日の実通院日数では、4200円×90日=37万8000円となります。

休業損害は、(事故前3ヶ月間の総支給額÷90日)×休業期間の日数で求めます。
休業損害証明書の書式に勤務先の証明を受けて、請求します。

通院交通費は、電車、バスの実費、自家用車を利用した場合は、自宅と病院の距離1kmについて15円で精算、この場合は、駐車場代も請求できます。

治療を完了した時点で、示談協議となります。
治療費を含む総損害額が120万円未満であれば、上記のルールで金銭提示があり、支払いがなされます。

以上です。

交通事故110番 宮尾 一郎

質問した人からのコメント

2010/1/18 16:05:25

大変助かりました。勉強になりました、感謝しております、また機会があったら宜しくお願い致します。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mut********さん

2010/1/1715:05:37

治療が終わって示談をすれば、治療費とは別に慰謝料、通院費等が
払われます

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる