話せば長くなるのですが、私は7年前に「突発性難聴」と言う病気になりました。処置が早かったため完治はしたのですが、その後この病気をきっかけに私は、今悩んでいます。

話せば長くなるのですが、私は7年前に「突発性難聴」と言う病気になりました。処置が早かったため完治はしたのですが、その後この病気をきっかけに私は、今悩んでいます。 完治して半年後、住んでいた家の間裏で、新築の家を建てる工事が1週間以上、一昼夜、夜遅く(8時、9時くらい)までされました。その際の騒音で、私は耳鳴りに悩まされだしたのです。すぐに病院に行って薬を処方してもらったのですが、耳鳴りは治らないとネットで知り、絶望しました。でも、聴力に異常はなく(逆にいいくらいで)気にせず頑張ってきました。しかし、社会人になって1年目、また「突発性難聴」になり、その際、以前はなかった、体が前後に激しく揺れるという体験をしました。メニエール病の疑い有とその際診断されました。 そして、この7年間、耳鼻咽頭科に通い続けています。そして、今、頭痛、吐き気、めまい、肩こり、腰痛、耳鳴りに悩まされています。しかし、この症状は、耳鼻科系であって耳鼻科系ではない病気になっているような気がしてなりません。というのも、今の仕事場の環境が私には合っておらぜ、息苦しい毎日なのです。毎朝、出勤する際、職場に向かう車の中で吐き気が襲ってきます。また、めまいも襲ってきます。耳鳴りも激しくなってきます。 これは、耳鼻科系ではない、違う診療科に行った方がいいのでしょうか。どうか教えてください。

目の病気660閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

突発性難聴もメニエール病も、心身のストレスが多い時期にかかりやすいと言われています。 質問者様の様子からは、確かに耳鼻科系疾患はあるようですので、今まで通り耳鼻科受診自体は続けてよいのではないかと思われます。 ただ、職場の悩みなどストレスが大きいようでしたら、(もしあれば)職場の産業医やカウンセラーさん、または街中の心療内科を訪れてみてもいいかもしれませんね。 #身体と同じように、ココロだって風邪をひくことがありますから! 腰痛については程度にもよりますが、ひどいようでしたら整形外科受診を・・・。 あとは、十分に休養(睡眠)をとる、適度な運動を心がける、規則正しい生活(食生活も!)といった、当たり前かもしれませんが大切なコトに気をつけて過ごせるといいですね。 どうかお大事になさってください☆(^_^)

その他の回答(2件)

0

はじめまして。 私も2回難聴で入院しました。 幸運にも二回とも完治しています。以前よりあっためまいもなくなり調子は上場です。 どちらにお住まいか判らないのですが、まずは、信頼できる病院の信頼できる先生にしっかり判断を仰ぐことが大切だと思います。 不安を抱えたままだと良くなるものも良くなりません。 私も不安に飲み込まれあきらめを感じショックを感じていましたが。 先生の明るい対応治る人は治る。確率だけでは判断が出来ないといわれ。看護婦さんに何を言われても先生の言うことだけを聞いてしっかり休み治療を受けて通常より早い回復となりました。 ですからしっかりした診断をしてもらってください。

0

耳鼻科医です。 7年前、突発性難聴になった耳と同じ側の耳の聴力が 今回また低下した、ということでしょうか。 急激な聴力低下をきたす病態を「急性感音難聴」といい、 高音または全音域が低下する原因不明のもを「突発性難聴」 (SD)、低音部のみが低下するものは「低音部障害型急性 感音難聴」(ALHL)と呼んで区別しています。 ALHLはSDよりも治りやすいのですが、難聴やめまい症状を 繰り返すケースがあります。最初からめまいと低音部中心の 難聴が出た場合にはMeniere病を先に疑うのですが、難聴 だけの場合はALHLという病名がまずついて、再び難聴が出 現した時点でMeniere病を疑います。 Meniere病の場合は、めまいや聴力低下の予防のために 投薬を行うことがあります。突発性難聴のように症状が出た その時のみ薬を使えばいい、というものではなく、長期的な 経過観察と生活指導が重要になります。 下の回答にもある通り、ストレスや精神的な不安定で症状が 悪化しやすい疾患です。ですから、御自身が精神的不安定を 自覚されているなら、精神科への受診も症状改善の一手段と 思います。 ただ、めまいや難聴について客観的に評価するのは耳鼻科医で なければ出来ませんので、定期的に耳鼻科にかかるべきと思い ます。耳鼻科の主治医から投薬があるなら月1回程度、投薬が ないなら2-3ヶ月に1回で良いと思います。その上で、めまい・難 聴に関する評価を精神科主治医に情報提供してもらうのがいい でしょう。精神科主治医は耳鼻科医のコメントを参考にして、投 薬を加減し、必要に応じて心理療法なども行われると思います。 自分で決心がつかなかったら、耳鼻科主治医に一度訊いて見ると いいと思いますよ。