ここから本文です

交通事故の慰謝料について

adp********さん

2010/1/1815:42:27

交通事故の慰謝料について

昨年12月上旬自動車運転中に受傷。治療中の12月下旬に再度別の事故で受傷。
最初の事故はムチ打ち、左肩打撲、左肋骨打撲で全治2週間の診断(12日休業)
2回目の事故は腰部・臀部打撲、左手打撲で全治10日の診断(8日休業)
2つの事故とも(自分)2:8(相手)スタートの過失割合で物損交渉中。
治療は一つ目の事故で通っていた接骨院にて両方治療中。
双方の保険会社に2つの事故の話はしてあります。
接骨院では受傷箇所が重複していないので通院慰謝料計算も別々になると言っていましたが
本当に出るのでしょうか。小さい金額なのでどうでもいいですが通院に掛かる費用(車で2キロ)も2重支給となるんですか?

あと、二回目の事故で痛めた腰があまり調子よくなく、仕事が辛いです。(現場仕事)診断書の期間を超えて休業補償をもらう事は可能なんでしょうか。

補足>>muteki_daさん

箇所は重複していないと質問に書いてますが・・・

閲覧数:
1,065
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jik********さん

2010/1/1816:51:27

①本件は治療中の事故受傷ですから、傷病名が同じであれば、異時共同不法行為となります。

しかし、最初の事故は主体的には頚部捻挫、2回目が腰部捻挫ですから、部位が異なり、別事故の扱いで異時共同不法行為とはなりません。

②通院慰謝料の計算ですが、1回の通院で頚腰部捻挫の施術を受けたとき、慰謝料、休業損害、通院交通費をそれぞれの保険屋さんに請求しても、当然ながら、重複支払いはありません。

1回の通院で2部位の治療を受けたとしても、1通院では1慰謝料、1休業損害、1通院交通費の請求となります。
柔道整復師のご理解が間違っています。

③最後に、腰部の調子がよくないと説明されています。
今後、後遺障害の獲得に発展するのであれば、今、やるべきことは整形外科の通院です。

柔道整復師は、医師ではなく、診断権が認められていません。
何回通院しても、後遺書害診断ができないのです。
6ヵ月を経過して後遺障害の申請をするときには、整形外科の通院実績がなければ、どこも、協力してくれません。
そのことも視野の隅に置いてください。

以上です。

交通事故110番 宮尾 一郎

質問した人からのコメント

2010/1/21 16:00:01

ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mut********さん

編集あり2010/1/1817:51:22

双方の保険会社で調整され重複部分は半分づつ支払われますので
手取りが倍になることはありません
整形外科も通院していますか?
併用しないと整骨院では診断書は発行できませんし鎮痛剤等の薬も貰えません
まして、就労についての意見も出せません
補足
治療費は別部位ですからそれぞれの保険会社で支払われます
慰謝料、通院費、休損が重複した日は調整されるということです

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる