ここから本文です

お通夜の受付をする場合、受け取った香典袋の中身を本人の前で確かめるものなので...

japonizum09さん

2010/1/2021:21:31

お通夜の受付をする場合、受け取った香典袋の中身を本人の前で確かめるものなのですか?

よく中身と書いてある数字が違う場合があるからとか言いますが…。

結婚式などなら勝手にご祝儀袋を開けるなどあり得ませんが、通夜や葬儀の際は確認するべきなんですか?

補足皆様たくさんのご回答ありがとうございました。
地域などによってどちらの場合もあるという事なんですね。勉強になりました。
どの回答も参考になりましたので、勝手ながら投票とさせていただきます。

閲覧数:
8,160
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tfhhm358さん

2010/1/2105:53:06

地方や地域によって様々なようです。

その場で中身をみることは非常識である、というところが多いようですが、地方によっては「即返し」「当日返し」といって、お香典の中身を確認し、その金額に見合った香典返しをその場でお渡しするところもあるようです。

私の兄嫁の祖母が亡くなられた時には(東京)、受付の後方で親族の関係者が香典の中を開けて金額の一覧を作っていました。

その土地の葬儀のしきたりを一番知っているのは葬儀屋さんですので、葬儀屋さんの指示に従うのが一番無難だと思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

popiko3さん

2010/1/2110:17:12

喪主・施主様家から、分けて下さいと言われれば、後ろに控えている会計さんが開けて出します。
香典袋とお金を分けて、芳名帳と金額明細と一緒に喪主様にお渡しします。
そこまでが会計さんの仕事です。
されるかされないかは、喪主次第。
当地横浜や東京では多いです。
施主様から依頼があり、チャンとは入っていれば開封しても失礼ではない事です。

編集あり2010/1/2110:10:48

私の地域では、必ず本人がいる前で確認します。出される人もそういう慣習はよくご存知なので承知されております。
中には「しっかり確認してくださいよ」という人もおります。(県内の、かなり広範囲で行っているようです)
最近は受付に「香典の中身を確認させていただきます」という表示もよく見かけるようになりました。
私の知っている限りでは、50年前ごろからずっとこのやり方です。

※皆さん、お金と香典帳の記載が合わないと大変ということは、よく知っておりますので協力していただけます。
これをしない方が無責任だと思います。確認作業は失礼でも何でもありません。

mse51jpさん

2010/1/2101:55:17

普通その場での確認はしません。

ただしその喪主の依頼によって、葬儀後
香典帳と金額の照らし合わせをする場合もあります。

bluelady797さん

2010/1/2021:50:28

香典はあくまでも「ご厚志」なので、その場で開けて確かめたりはしません。

ご厚志とは
情の厚い心、親切な気持ち、相手の好意などに対する言葉です。

受付を三度ほどしたことがありますが、その場ではご芳名帳の番号を
香典袋に記入することくらいでした。

プロフィール画像

カテゴリマスター

otaruucmsさん

2010/1/2021:44:51

今までの参列した経験では、基本的にはしないことが多かった
です。
実際に開封して、中身確認をしてから、その場で会葬御礼を受領
したことはありました。東京でも大阪でも名古屋でもないような大きめ
の都市でした。地域性といっても、限られた地域の慣習かも知れません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。