ここから本文です

高周波測定で質問です。 高周波用コイルの巻線にリッツ線使う理由とハネカム巻に...

wpfst618さん

2010/1/2200:44:13

高周波測定で質問です。
高周波用コイルの巻線にリッツ線使う理由とハネカム巻にする理由が分りません。
教えてくださいお願いします。

閲覧数:
2,859
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

atoz_146さん

編集あり2010/1/2218:24:58

wpfst618さん おはようございます。

リッツ線は、複数の絶縁された細い導体を撚り合わせて一本にしたもので、これは表皮効果を最小にして導線の損失を減少させるためのものです。つまり、一本の導線よりもQを高めることができます。

ハニカム巻は、平巻きよりも、まず体積比で大きなインダクタンスを製作でき、かつ浮遊容量の小さなコイルを作ることができます。つまり、比較的小さな体積で大きなインタクタンスを得ることができ、最高周波数も高くできます。

しかも回路のQが高いため、同調コイルや発振コイルに最適でした。ただしバーアンテナでは体積が小さいことは感度が小さいことなので、平巻きの場合が多いようです。

リッツ線についてはこちら。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%EA%A5%C3%A5%C4%C0%FE
http://www.mogami.com/puzzle/pzl-21.html

ハニカム巻についてはこちら。
http://okwave.jp/qa/q152703.html

平巻とハニカム巻ではQが全然違うことを示しているぺージ
http://mpl.jp/ivent/tokyo_pedi_2p.html

おまけ。同調回路のQをわかりやすく解説しているぺージ
http://www.k5.dion.ne.jp/~radio77/guide/parts2c.htm

ご参考まで。

質問した人からのコメント

2010/1/23 14:49:06

助かりました。ありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。