ここから本文です

なまりのあるスペイン語について。

うさぎッ子さん

2010/2/322:47:37

なまりのあるスペイン語について。

カスティーシャやカタルーニャとかありますが。
①これは、日本の関西弁のようなものですか?
②これらを話す人に標準スペイン語は通用しますか?
③標準スペイン語しか知らない日本人がこれらを聞いて聞き取り理解することはできますか?
④これらも一緒に勉強したほうがいいんですか?逆に一緒にすると混乱したりしますか?

閲覧数:
338
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

koy********さん

2010/2/400:02:16

回答をスペインのスペイン語に限定します。

①これは、日本の関西弁のようなものですか?
そうでもあり、それでもないといえます。
スペインで使われている言葉は「dialecto ディアレクト」と「variación バリアシオン」の二種類に分類できます。

一般に世界でスペイン語といわれているのは「カスティリャーノ」のことです。(バリャドリッドで話されている「カスティリャーノ」がもっともきれいだそうです。)それ以外にカタルーニャ地方の方言「カタラン」やバスク地方の方言などもあります。これらは「dialecto ディアレクト」です。かなり違います。一度スペイン人で、言語学を専攻した言語オタクである友人にバスク語について話てもらったことがあるのですが、単語・語順など「カスティリャーノ」とは全然違いました。理解不能でした。まったく別の言語です。③標準スペイン語しか知らない日本人がこれらを聞いて聞き取り理解することはできますか?そいうわけですから、方言によっては「カスティリャーノ」しか知らなければスペイン人にとってすら理解不能です。

このほか、「variación バリアシオン」と呼ばれるものがあります。これが「関西弁」「関東弁」、、、に相当するものです。「s」を発音しないアンダルシアなまりもこのひとつです。それぞれの土地でしか使われない表現などもあるとはいえ、これらは「カスティリャーノ」を知っていれば充分理解できます。

ここまでの回答は上記のスペイン人の友人に以前聞いたままの受け売り回答です、

②これらを話す人に標準スペイン語は通用しますか?
国営放送などは「カスティリャーノ」ですから、スペイン全土で通じるでしょう。

④これらも一緒に勉強したほうがいいんですか?逆に一緒にすると混乱したりしますか?
スペインの一地域にだけ関心があるという場合なら、それが「カタラン」や「バスク」であるという場合なら、そこで使われている言葉を学んだほうがいいかもしれません。でもそうでないのなら「カスティリャーノ」だけでいいです。これだけでもうおなか一杯になるはずです。これでさらにまだ余力があれば他の方言dialectoに手を出すのもいいかもしれません。私はアンダルシア在住ですがアンダルシアなまりの「カスティリャーノ」だけです。

質問した人からのコメント

2010/2/4 00:08:17

まずは、カスティリャーノにしぼることにしました。ありがとうございました。
brujitoo0さんもありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

bru********さん

2010/2/323:31:06

カタルーニャ語はスペイン語の方言や訛りではありません。カタルーニャ地方の公用語であり、スペイン語とは別の言語です。ちなみにカスティージャ語は標準のスペイン語のことです。

①日本の標準語と関西弁以上に違いがあります。

②ほぼ全てのカタルーニャ語話者はスペイン語(カスティージャ語)を理解し、話せます。つまり、通じます。

③カタルーニャ語を理解するのは難しいでしょう。

④一緒に勉強する以前に、日本でカタルーニャ語を勉強する環境や教材がほとんどありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる