ここから本文です

【至急】論文、報告書での指導教員への謝辞を述べるとき。

neko0pianoさん

2010/2/618:39:55

【至急】論文、報告書での指導教員への謝辞を述べるとき。

報告書の初めに教員への謝辞を書きたいのですが、
文体が、です、ます、ではないため、
「○○先生と○○先生にはお世話になった。
厚く御礼申し上げる。」
と書こうと思ったのですが、
なんか上から目線みたいに
なるのですが、
これはあり何でしょうか?

それと、謝辞の書き方が
全く分からないのですが、
何か注意点などはありますでしょうか?

また、調査に協力してくれた○○学部のみなさん
にもお礼を書かなければならないのですが、
「調査にご協力くださった、○○学部のみなさん
には厚く御礼申し上げます。」
でよろしいのでしょうか?

「厚く御礼申し上げます」が
2度出てくるのですが、
言葉が重なってしまうので、
これ以外の言葉で書いてもよい
言葉がありましたら
教えてください。

教員には聞けないのでお願いします。

閲覧数:
44,150
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/2/619:17:36

謝辞は論文の本体ではないので、謝辞を別ページにできる場合は、
文体を合わせる必要はありません。それに、「だ、である」調で
書いたとしても失礼ではありません。

卒論や修論などの場合には、まず最も親しく指導していただいた
先生について、具体的にお世話になった例をあげながら感謝の
気持ちを書きます。「お忙しい中、親身にご指導いただきました」
とか、「厳しい中にも暖かく見守っていただきました」などです。
とくに印象に残っているできごとを例にあげ、「あのときは本当に
うれしかったです」などと書くと、心のこもった謝辞になります。
それから、大事な先生のお名前を、他の先生と並べて書くのは、
感謝の気持ちが強くないように見えますから注意しましょう。

指導教員以外の、授業を受けただけの先生方やアドバイスを
くれた先生などは、それぞれグループ分けし、2〜3人をひと括りに
しても失礼ではないでしょう。

次に研究への協力者や資料を貸してくださった方、なんらかの
手助けをいただいた方などにお礼を書きます。
研究室の先輩方や仲間などにも、おかげで楽しい学生生活を
送れたなどのお礼を書きましょう。

感謝の表現の見本を次に示します。
1.心より感謝申し上げます
2.深謝申し上げます
3.心より厚く御礼申し上げます
4.深く御礼申し上げます
など、感謝、深謝、御礼などのことばに、程度を表すことばを
組み合わせて、気持ちを伝えればいいでしょう。
大事な人と、そうでない人とは表現の段階を変えるのがコツです。

それから謝辞を受け取る側からすると、感謝のことばだけでなく、
「先生に教わったことは研究だけではありません」であるとか、
「学んだことを生かして社会に役立ちたい」などと書かれていると
じ〜んとしてしまうものです。

質問した人からのコメント

2010/2/6 23:21:20

ありがとうございました。
おかげさまで、完成しました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。