ここから本文です

新築 基礎コンクリートの養生について

tak********さん

2010/2/620:18:23

新築 基礎コンクリートの養生について

3月着工で新築するものです。
基礎工事のコンクリートはは3月中旬ころ打ち込む予定です。

そこで質問ですが、養生期間の保温処理について教えてください。

新築場所は本州真ん中あたりの山間部で、気象庁のデータベースにて過去5年間の気象データ(3月11日~20日間×5年間の最低、最高、平均気温)を調べたところ、50日間の統計は、

最低気温の平均(最低気温の和を50で割る) -4.6℃
最高気温の平均( 〃 ) 9.1℃
平均気温 ( 〃 ) 2.7℃ でした。

施工業者に確認したところ、「午前中に生コンを打設するため、3月中旬の夜間の冷え込みはさほど問題ではない。公共工事のコンクリートも真冬が多く、生コン会社がその辺わかっているから大丈夫」
との回答で、養生シートすら設置しない雰囲気でした。

確かに今年は暖かい気候のため、3月中旬であれば氷点下を下回る事はないかもしれませんが、一生に一度のことですので万が一氷点下を下回る(というより、過去のデータを見ると下回る可能性大ですが・・)心配です。

やはり、養生シート程度は設置するべきだと思うのですがいかがなものでしょうか?
それとも、午前に打設するため、日中の最高気温が10度程度まであがるため、業者のいうとおり夜間の冷え込みは関係ないのですか?

さらに、上記の気温データからすると、シートだけではなく練炭、養生電熱マット等設置すべきなんでしょうか?

よろしくお願いします。

閲覧数:
2,557
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

usk********さん

2010/2/711:35:40

(1)日平均気温が4℃以下になることが予想されるときは、寒中コンクリートとしての施工を行わなければなりません。
(2)寒中コンクリートの施工にあたっては、コンクリートが凍結しないように、また、寒冷下においても所要の品質が得られるように、材料、配合、練混ぜ、運搬、打込み、養生、型枠および支保工等について適切な措置をとらなければなりません。
(3.)コンクリート打ち込み終了後、養生を始めるまでの間は、コンクリートの表面の温度が急冷されないようにシート等で覆い、特に風を防ぐ。
(4)圧縮強度5N/mm2が得られるまでは5℃以上、その後2日間は0℃以上に保つことを原則とします。

現実的に採暖(練炭やジェットヒーター)を2日、シート養生を2日が必要ですね。

質問した人からのコメント

2010/2/7 22:18:17

みなさん、ご丁寧な回答ありがとうございまいた。
回答内容を元に工務店と相談したいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ihm********さん

2010/2/717:14:49

貴殿がデータを収集して検討する事は今後の品質管理に対する気配りとして必要十分です。
寒冷地では養生マットを使う事でその時節は対応可能です。
練炭養生をする様な気温が予測される場合は「施工(打設)を延期」してもらう事が寛容です。
工程優先で気象条件如何に関わらず施工する業者も居ますので注意が必要です。
工程に余裕を持たせてクリティカルパスに影響しない様に検討して貰いましょう。

貴殿の思惑と相反する業者の様に文面から感じますが、早強Conであっても一定の養生は必須です。

nob********さん

2010/2/713:57:41

私も本州の真ん中に住んでますので気候的な感覚は近いと思います。

具体的な事は他の回答者さんが回答しているので省略しますが温度補正及び(的確な)養生は必要だと思います。(3月中旬で暖かい日ならば過剰な養生までは確かに必要ないかもしれません)
しかし気になる言葉があります。施主の質問に対し“公共工事”という言葉と“依頼会社(今回は生コン会社)がわかっている”で済ませてしまう事です。説明が出来ない業者さんが公共工事を印籠の様に使う方もいます。また依頼会社は工務店の指示があって初めて動くわけですから、その店はわかってる(だろう)…と工務店が言うのは責任転換にも近いのではと…

心配でしたら着工を延ばす事も一つの案ですし、打設後建前前にコンクリートの強度を測定する事も出来ますので工務店さんに測定してもらえる様に頼んだら如何でしょう。

x34********さん

2010/2/711:22:20

着工を
4月にしたら?

施工業者も
相談者さんも

心配無用。

puk********さん

2010/2/623:58:45

強度の補正を書いてるお方は何か誤解してないか?

凍結する可能性がある場合の寒中コンクリートなどの処置と、温度補正は全く別。幾ら温度補正しても凍結しないようにはしないとならない。

公共工事とか言ってる業者だから、当然国交省レベルの管理してくれるんですかぁ~と釘をさしてあげて欲しい。共通仕様書などではシートなんかは当たり前に必要なレベル。

aku********さん

編集あり2010/2/623:11:48

国土交通省の仕様書に明記してあります。
コンクリート工事を参考にしてください。
http://www.mlit.go.jp/gobuild/kijun_touitukijyun_hyoujyun_siyousyo_...
温度補正と養生の基準がかいてあります。
建築工事監理指針には、各地区の月毎の平均気温が記載されています。
又、仕様書の補足内容があります。
大きな書店には置いてありますので見てみてください。
まず自分で納得のいくように勉強してください。
自分の家です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる