ここから本文です

「モル質量」=「原子量」「分子量」「式量」と考えていいんですか? 「モル質量...

soy********さん

2010/2/713:38:54

「モル質量」=「原子量」「分子量」「式量」と考えていいんですか?
「モル質量」はただ単に「原子量」「分子量」「式量」に「g/mol」をつけたもの、と考えていいんですか?

閲覧数:
98,081
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tpq********さん

2010/2/713:45:10

原子一つの重さは限りなく軽いので・・・
モルという一つの大きな塊(6.02×10^23個)集めると
『原子量』『分子量』『式量』と同じ重さ(g)になります。
たとえば炭素Cの原子量は12なので・・・
1モルで12g、2モルで24gということは
炭素は12g/molということになります。
考え方は正しいと思います。

モル質量というよりかは
モルは大きな一つの原子(分子)の塊と覚えると
考えやすいのではないかと・・・

質問した人からのコメント

2010/2/7 21:16:11

感謝 ありがとうございました。
最近「モル質量」って何なんだ?って思っていたので…なんだかすっきりしました。
皆さんすばらしい回答本当にありがとうございました。

「モル質量」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

qoo********さん

編集あり2010/2/714:50:39

今年のセンター試験の問題に、「式量ではなく分子量を用いるのが適当なもの」といふ出題があります。概念としては、

●式量とは formal weight、形式的な量、形式的な原子量の和の意味であつて、分子が確認できない場合に使用します。イオン結合の例では、NaCl といふ表現はありますが、実際に NaCl といふ分子はなく、全て結晶としてだけ存在するのです。形式的質量に近似します。

●分子量は原子量の和、分子質量と近似する物であつて、分子が存在する物が妥当します。

●原子量は、かつて同位体の存在が知られてゐなかつたころに、化学的手法を用いて計測された物(chemical amu)と、それ以後の物理的に求めた物(physical amu)、そして五年程前に定めた基準による物です。酸素は O16、O17など、炭素は C12、C14などが一定の確率で含まれますが、CO2 の平均的な原子量を 44 = 12+16*2 と考へることで求められるやうな数値を、そのまま利用してゐました。ところが実際には CO2 の平均的な原子量は 44 より大きい。分子を直接量ることはできないので、1 mol といふやうな単位でみる必要がある、従つて原子量はかなり面倒な単位となつてゐる。譬へば物理的な物と化学的な物とは、1/3600 の誤差が生まれてゐた。
→また原子量に単位はありません。原子量は相対原子質量と呼ばれ、相対的基準、つまりある質量との比に過ぎないのです。絶対的基準である原子質量単位とアボガドロ数(1 mol の粒子数)をかけることによつて、その原子の質量を求めます。なほ絶対的基準には原子質量単位(amu)、今では統一原子質量単位(u)を用ゐようといふ合意があります。この違ひはカロリーとジュールほどの違ひがあるので、注意せねばなりません。

以上から結論としてモル質量が、1 mol だけの粒子数の質量だとして、モル質量と等号で考へるとき、「原子量」「分子量」「式量」とはイコールかもしれませんが、「量」は「質量」とは違ひますから、厳密な定義では注意してください(つまり厳密にはイコールではない)。また「原子量」=「分子量」=「式量」とはなりません。粒子の捉へ方が異なるからです。注意してください。

★原子質量は、粒子を原子、<原子質量>=<原子量>*<原子質量単位>
★分子質量は、粒子を分子。
★式量はその質量を、粒子を組成比と仮定。

n.原子質量単位は炭素を基準にする。C12(原子量 12 の炭素) の1 mol 分の質量を 12(原子量)とアボガドロ数で割つた物を原子質量単位 とする。C14 のやうな同位体は、原子量 14 であるから、原子質量単位 に 14 と アボガドロ数 をかけると、C14 1 mol 分の質量が求まる。
分子質量も本来は原子質量単位を必要とする。

アボガドロ定数は N = 6.02214179 × 10^23 [/mol]、統一原子質量単位は u = 1.660538782 × 10^(-24) [g]。ここで N*u = 0.99999999929979... [g/mol]であり、ほぼ 1 と近似できる。つまり、原子質量単位 に 原子量 と アボガドロ数 をかけた数といふのは、原子量の数にほぼ一致する。分子量も式量も、原子量の和にすぎないが、N*u が 1 に近似できることから、「質量(kg 原器を基準)」=「量(中性子・陽子の数等を基準)」と近似できる。

cf.センター試験の問題と解説を参照のこと(例として東進のサイト)。
http://www.toshin.com/center/

sio********さん

編集あり2010/2/720:56:12

モル質量/soyyloveさんの質問番号1036376720への回答

>「モル質量」はただ単に「原子量」「分子量」「式量」に「g/mol」をつけたもの、と考えていいんですか?
それで合っています。

>qoogen_case314さん
統一原子質量単位とアボガドロ定数の積は、定義上、厳密に1 g/mol です。定数表に書いてある値を掛けて1にならないのは有効数字の関係です。したがって、「原子量」「分子量」「式量」と、モル質量を g/mol単位で表した場合の数値部分は等しくなります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる