ここから本文です

不動産賃貸借契約で、保証人の保証が死亡その他の事由で効力を失った場合、 直ち...

koj********さん

2010/2/1112:29:23

不動産賃貸借契約で、保証人の保証が死亡その他の事由で効力を失った場合、
直ちに不動産賃貸借契約が無効になるのですか?
新たな保証人を立てる場合、新たな不動産賃貸借契約を締結して新たな不動産賃貸借契約書を作成しなければならないのですか?

閲覧数:
278
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yoi********さん

2010/2/1112:36:12

前質問の続きですね、契約書に書いてあると思いますが、通常契約は無効にはなりませんが、新たな保証人は立てる必要があります

契約は当事者同士の合意ですのでアナタと貸主が変わらなければ無効ではないのですが、契約書の中に連帯保証人(保証人)に関する項目が必ずあるはずです。

まぁ・・・・個人的な見解を言えば・・同じ契約書を使い、死んだ人の代わりに、死んだ人の下に名前を書くのは・・・嫌ですね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる