ここから本文です

ピンク筋という 筋肉はありますか?? あるのならば鍛え方を教えてください!!

dep********さん

2010/2/1119:20:17

ピンク筋という
筋肉はありますか??

あるのならば鍛え方を教えてください!!

閲覧数:
18,156
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ito********さん

2010/2/1519:53:48

ピンクwww

新しい発想ですね。


おそらく赤筋と白筋の話から、ピンク筋が出てきたんだと推測します。


ピンクとは呼びませんが、「中間筋」という名前で紹介されたりしてるかと思います。

筋持久力と瞬発力を兼ね備えた、鍛え上げられた筋肉のことです。
そう、つまり鍛え上げられた筋肉なんです。そもそも。
最初から中間筋を鍛えることは出来ないでしょう。つけることも。
…いや、中間筋が最初から存在してて、赤なり白なりに変化する…とも言いますね。あれ?

高強度で長時間の運動を行える筋肉…つまり
有酸素系のエネルギー機構で大きな力を発揮できる筋肉。それが中間筋なんだと思います。
私も詳しく研究してるわけではないので。


中間筋を鍛えようと思ってもできるもんじゃないと思いますから、中間筋が後天的に発達しそうなスポーツを挙げてみますね。
○400m走、800m走など。300m走は心臓に悪いらしいです。
○ブレイクダンスのストロングスタイル
○力技だらけの長い吊り輪の演技
○エアロビクス
○水泳、自由形。距離にもよるでしょうけど。

イメージとして、絶えず動く系の最大筋力発揮したい感じの時間的に長い運動…
だと思ってもらえば、当たらずとも遠からず。かと思います。

心配なんで資料
http://www.weed-y.com/toremame00.html
http://www.geocities.jp/kazu_t_55/kintore.html
http://hisajp.com/2009/05/post_259.html
理論的に2種類に分かれる感じです。
私は後者の中間筋発達理論を信じます!
じゃないと体操競技の平行棒とか女子の床は説明がつかないので。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

bky********さん

2010/2/1700:05:47

前の人が書いているのとだいたい同じで中間筋の話ですが、自分が学校で習った話だと赤にも白にもどっちにも変わりやすい筋肉だという話でしたね。
マラソンなら赤筋に短距離なら白筋にというふうに、ですが赤は酸素、白は糖分をエネルギーしますが、中間筋はどちらもエネルギーにする燃費の悪い筋肉。さらにはすぐに赤に寄ったり、白に寄ったりする二流の筋肉だと教わりました。
そのためオリンピック選手に育てるために赤ん坊のうちに筋肉を診る国もあるそうです
つまり極端に言えば
赤筋多い→1流マラソン選手、3流短距離選手
白筋多い→3流マラソン選手、1流短距離選手
中間筋多い→2流マラソン選手、2流短距離選手
という感じになるかと(努力を抜かせば)
しかし糖分も酸素も蓄えるので肥大しやすくボディビルダー向きだ、という話もあります

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる