中国で蒋介石のいた時代、なぜ蒋介石率いる国民党軍は共産党との勢力争いに敗れ、権力地図を塗り替えられてしまったのですか?

中国で蒋介石のいた時代、なぜ蒋介石率いる国民党軍は共産党との勢力争いに敗れ、権力地図を塗り替えられてしまったのですか? 国民党軍はアメリカもバックアップしていたんですよね?

中国史386閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

2

それは、腐敗による内部からの崩壊が主因であった様です。 今の北朝鮮に支援しても、大半は金正日総書記一族と取り巻きに横取りされ、庶民には届かないのと状況は同じです。 http://www.ne.jp/asahi/cn/news/text/05/syoukaiseki.html

2人がナイス!しています

その他の回答(1件)

2

個人的な意見ですが、 普通に考えて、毛沢東の方が蒋介石よりも 優秀だったからでしょうね。 共産党軍は、国民党軍がアメリカ軍から頂いた 近代兵器を使って戦っていました。 つまり、アメリカ軍が国民党軍に支援した兵器が そのまま共産党軍に渡って行ったんです。 このことについて毛沢東は 「我々の兵器の支援はアメリカ軍に依存し、 その輸送は国民党軍に依存している。 これは事実であって皮肉でも何でもない」 と宣言したぐらいです。もちろん皮肉で言ってるんですけど(笑)。 あと、蒋介石は、 自分こそが大中国を統べる龍(皇帝の象徴)である、 と自負していたようですが、 それに対して毛沢東は、自分を牛と見ていたそうです。 つまり、天に昇る龍に対し、 地に足を付け、人民と共に歩む牛である、と。 非常に粘り強く、辛抱強い人間でした。 この辺りが共産党軍が勝ち、国民党軍が敗れた所以でしょう。 国民政府軍は、日中戦争で日本軍と交戦していたある時期、 日本軍の追撃を緩めるために、黄河の堤防を切ったことがありました。 これはその土地に住む人民のことを考えれば、核兵器の使用にも匹敵する、 絶対にやってはいけない行為でしたが、実行されました。 追撃を振り切ることには成功しましたが、甚大なる被害をもたらしました。 被災者は数百万人とも1000万人とも言われています。 これは、国民政府の行った事例の一例でして、 他にも、人民を無視した行為は多々あります。 ゆえに、共産党に敗れたのです。 文化大革命等の虐殺行為は共産党が天下を取った後のことで、 少なくとも、国民政府との内乱が終結するまでは そういう事は行っていないか、あっても伏せられていました。 国民政府軍は内部の腐敗がひどく、独力では日本軍に到底勝てなかったし、 共産党軍は統率の取れた巧妙なゲリラ戦術で日本軍を翻弄しました。 この辺りも、蒋介石と毛沢東の力量の違いでしょう。 広大な地域でのゲリラ戦は、地元の住民の支持がないと実行できませんから。

2人がナイス!しています