アスタキサンチンとは?

アスタキサンチンとは?

日本語1,818閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

健康的な毎日を送るためにおすすめなのが、アスタキサンチンの赤色の健康パワー。「アスタキサンチン」は鮭やイクラなどに多く含まれている赤色の天然色素で、秋になると川をのぼることでも有名な、鮭のパワーの源にもなっている成分です。わかさ生活の『アスタキサンチンα』は、1粒に7mgの「アスタキサンチン」を贅沢に凝縮。1粒で1日に必要といわれる「アスタキサンチン」を摂ることができます。 http://www.e-wakasa.jp/ax_ov/index.html?cid=ov00000077

その他の回答(2件)

0

1938年にリヒャルト・クーンらにより発見された色素物質です。 β-カロテンやリコピンなどと同じくカロテノイドの一種で、キサントフィル類に分類されます。 タンパク質と結合したアスタキサンチンは黒っぽい青灰色を呈するが、 加熱によりタンパク質分子が変性してアスタキサンチンが遊離すると、本来の赤色を呈する。 甲殻類を茹でると赤くなるのはこの現象に由来します。 アスタキサンチンは高い抗酸化作用を持ち、紫外線や脂質過酸化から生体を防御する因子として働いていると考えられる。 また、アスタキサンチンは光障害から目を保護すると言われている。

0

こんにちは。 アスタキサンチンは1938年にリヒャルト・クーンらにより発見された色素物質のことです。 β-カロテンやリコピンなどと同じくカロテノイドの一種で、キサントフィル類に分類されるものです。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%AD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%B3