ここから本文です

毎年2月24日に京都・上賀茂神社で行われる幸在(さんやれ)祭のことで。なぜ大...

chi********さん

2010/2/2021:43:12

毎年2月24日に京都・上賀茂神社で行われる幸在(さんやれ)祭のことで。なぜ大島紬を着用するのか?

この幸在祭で15歳になった「あがり」と呼ばれる男の子たちは、大島紬の羽織・着物を着るのが習わしになっているのですが、なぜ大島紬なのでしょうか?京都の祭りなのに九州で作られた着物を着るのはなぜでしょうか。男子の成人入りを祝うということで羽織・着物を着るのであれば大島紬にこだわることはないと思うのですが。ご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけませんか?

閲覧数:
1,036
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oni********さん

2010/2/2318:40:37

僕は其れを知らなかった者なのですが、回答者が少ないので少し憶測による回答をしてみます。例えば、京田辺市の指定無形民俗文化財として隼人舞があり、其の起源は、奈良時代に九州地方から移住してきた大住隼人が宮中で踊ったと伝えられている。

10月15日の例祭に奉納される隼人舞は、近年復活したもので地元の中学生達が古代の衣装に身をまとい、手に剣や盾を持ち、太鼓や笛の音に合わせて舞を舞うと云う。

さて隼人の地の鹿児島の場合、
http://www.city.kagoshima.lg.jp/_1010/shimin/6keizai/6-4-1a/6-4-1-3...
によれば、特産品が大島紬です。

其処で憶測から云えば、桓武天皇が父・光仁天皇の菩提を弔うために長岡京から平安遷都をして、その為に今の上賀茂神社の一角に斎院を造り、皇女を斎王としました。

その一帯は古くからあった大田神社の境内であり、こちらのご祭神は天鈿女命(アメノウズメノミコト)、つまり「天岩戸」の神話にでてくる、あの舞の名手です。

隼人族は、天皇の祭祀に臨んで隼人舞を奉納する仕来たりがあった為、光仁天皇を祭る為の平安朝の由来に基づき、霊前の此の斎院周辺に居住させられたモノと推定するのです。

其の家族の方々が朝廷の舞人として、一人前になった事を大島紬を着用して大田神社に報告する、言わば元服の式をしたのが幸在(さんやれ)祭の由来ではないかと思った次第です。

質問した人からのコメント

2010/2/27 23:57:50

お忙しい中、調べていただきありがとうございました。確実な答えではないかもしれませんが、なんとなくそういう理由だったかもしれませんね。おふたりから回答をいただきましたが、最初にお答えくださった方にベストアンサーを差し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ccc********さん

編集あり2010/2/2421:57:11

何大島なんでしょうか、大島と名前が付くけど、大島ではなく
京都の方で生産されている大島紬が有ると聞いた事が有ります・・・

本場大島が本当の大島で生産された大島で
村山大島は京都の上の方・・・とか東京で誕生し生産されていると聞きます・・・

地理的に如何考えても九州産の本場大島ではなく、京都産の村山大島の事ですね・・・
ただ、現在村山大島の生産量が落ち込んでいると聞きますし、一般庶民には本場大島と村山大島の違いが解らず
大島紬なら何でも良い状態に為っている可能性が有ります。

村山大島が誕生する以前からの風習なら本場大島だったんでしょうね・・・大島紬って高級品でしたから・・・

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる