ここから本文です

A.政治の主人公となった大衆は、近代市民社会の市民とくらべると、 一般に他人を...

ooo********さん

2010/2/2023:57:38

A.政治の主人公となった大衆は、近代市民社会の市民とくらべると、
一般に他人を意識して感情的に行動しやすい存在だとされる。

B.大衆デモクラシーの変化にともない、政治的無関心は基本的に減少していった。

大衆デモクラシーに関する記述として正しい文章はどちらでしょうか。

某私立大学の政治・経済の入試問題の復習をしていて、
参考書で調べても、曖昧でわからない問題があったので質問をしました。

できれば、正しい文章はどちらで、どこが誤りなのか、も教えて頂きたいです。

よろしくお願いします。

閲覧数:
322
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

int********さん

2010/2/2318:45:05

正解はA。

政治的無関心は、大衆デモクラシーの病理と言われます。有権者が多くなりすぎて、「自分の一票じゃ何も変わらない」と無関心になる人が増えるのです。

質問した人からのコメント

2010/2/23 18:56:06

笑う へ~、そうなんですか!
すごくためになりました(笑)
回答有難うございました!!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる