なぜ日本はサインではなく印鑑を使う?

法律相談4,494閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(2件)

0

重大事件の時 印鑑じゃ判断できない…という部分について少々疑問を感じます はんこで重要なのは実は内容ではなく印影とはんこの一致不一致です 極論すれば田中さんが鈴木というはんこで契約しても問題はありませんが 重大な事件がおきたとき契約でおした鈴木のはんこそのものを所持しているかどうか重要になるのです つまりはんこそのものと、おした印影を照合するわけです またここにシャチハタ不可の原因があります ゴム印の一種であるシャチハタ印は捺す力によって印影がそのたびに変わります 照合が不可能なわけです そういうわけで実印を含め重要な場所に押す印鑑は『変形のない材料』が求められるわけです 照合という点に関してはサインとは別次元な確認が可能なわけですね また使用方法についてもサインにはない特性をもっています はんこさえ持っていれば第三者でも契約が可能ということです 簡単にいえば 旦那の通帳とはんこをもって奥さんが銀行で預金をひきおろすような行為が可能だということです 残念ながら外国(サイン社会)の事務処理がどのようにされているかわかりませんが重要な契約であればあるほど本人がいなければできないのではないか…と思います これがはんこを使えば第三者でも本人の代わりに契約が可能なわけです ただし上特性は危険性もふくんでいます 悪意のある第三者によるなりすましが容易であるということです はんこ(特に実印等重要なもの)はそのはんこ自体の管理が重要なわけです サインもはんこも長所短所があります はんこの長所が短所を上回るのでいまのところ日本ははんこ社会なのでしょう

0

もともと中国が発祥で 中国とかかわりのある東アジアに印鑑の文化が広がっています。 ちなみに日本最古の印鑑は 中国から西暦57年に送られたとされる「漢委奴国王印」