ここから本文です

絵の情熱がなくなりました。 私は絵が大好きで、最近では大学入試に向けて日々...

rev********さん

2010/2/2613:55:18

絵の情熱がなくなりました。

私は絵が大好きで、最近では大学入試に向けて日々デッサンに励んでいました。

だけど突然、やる気がなくなりました

元々、ちょっと上手なキャラクターの絵が描きたかっただけなのに、いつの間にか芸大だとか筋肉の造りがどうとか、デッサン力とか線の引き方とか、色々大事になっちゃって。

あとどれだけデッサンしても、なんだか日頃の絵に反映されない。
しかも何故か紙に向かうと焦って焦って、満足いく絵なんか描けたもんじゃないんです。

今まではこうやって壁にぶつかると、血を吐く思いで克服してきました。

しかし今回は、なんだか自分の中で嫌な糸がブツンと切れたみたいに、上手くなろう!という気が完全に消え去りました。

本当にこんな気持ちになったのは、昨日突然になんです。

数日前までは、今と逆の気持ちだったと言っても間違っていません。

なんだか自分が分かりません。

絵に触れた方で、このような事を経験した方はいますか?

助けて下さい。

閲覧数:
232,784
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

day********さん

2010/2/2700:41:23

似たような経験から、美大に進学するのを諦めて一般会社に就職した者です。

恐らく毎日受験の為の練習、練習、続きで、『一枚の絵を仕上げる』という達成感が得られていないのが、ブツンと切れてしまった原因ではないかと思います。
受験を控えてとのことなので、デッサンにしても何にしても、制限時間を設けて描かされてはいませんか?

試験なので、時間内にある程度のものに仕上げることは大切です。
けど、手を動かすことばかりに気を取られると、気持ちが置いてけぼりになってしまいます。
最近、「ヨッシ描き上げたゾー!」って、ガッツポーズしたことありますか?
その絵を、ニコニコしながら見詰めたことありますか?
絵の完成に伴うのは、歓喜だと思うのです。


私は中学の頃、あるアニメにはまって、あんな絵を描くイラストレーターになりたい!と志し、美術専攻のある高校に進学しました。
しかしそこで色々な人の作品に触れ、自信を失ってしまい、授業に身が入らなくなってしまいました。

「こんなに絵を描きたい人が沢山いるんだら、私が描かなくったっていいじゃない。」
「絵を描くのが嫌いになったわけじゃないんだし、描くのをやめる気もないんだから、今まで培ったものは就職先で生かせばいいや。」
「そもそも、何で絵を描きたいんだっけ??」

そんな気持ちになってしまい、就職メインの専門学校へ進学してしまいました。
就職難の中、今仕事に就けてお給料が貰えていることは、とても幸せなことだと思います。同僚もいい人ばかりです。
けど、突然、描きたくて描きたくてたまらなくなることがあります。
「諦めずに美大を受験していたら、今がもっと違っていたのでは?」と思ってしまいます。
でも社会人が趣味の絵に掛けられる時間って、多くないんですよね・・・。
同じ結果になって欲しくないのです・・・・・


revolutionownさんにはもう、血を吐くような思いは沢山したんだから、今度は楽しんで描いて欲しいなぁと思います。
「上手くなりたい!」という気持ちも大事ですが、色や形を楽しんで、好きになって欲しいです。

「デッサンを上手に!」と皆さん言いますが、正直私は『描きたいものがそこにあるように見えればいい』と思います。
丸いものが丸く。
柔らかいものが柔らかそうに。
尖ったものが硬そうで、触ったら痛そうに。

普通のものに飽きたら、漫画やゲームのキャラクターの持ち物を、ひたすらリアルに描いてみるのもアリだと思います。(想像で描き始めても、絶対に実物の影と見比べたくなりますし。)
一時期某有名動物キャラクターを、実物の動物で且つそれらしく描いてみる、なんて挑戦も流行りましたよね。(リアルキ●ィとか、ミッ●ーとか。)

あと、音楽を聴いて、見た事がない情景が脳内にぱああっと浮かんで、それで、「ウワー!描きたいー!!」って思ったりしたこととか、ありませんか??
それで描けた時、嬉しいですよね^^
(予定の仕上がりと、ちょっと違っても・・・)

描きたい気持ちも大事。
そんなことに気付けたのも、ここ数年になってからなのですが。(遅すぎ!)



まずは気持ちを落ち着けて、あなたの周りを見回してみてください。

そこにあなたの好きな色はありますか?

それはどんな色ですか?

その色から、何を連想しますか?

そこに色3つ加えるとしたら、何色を足しますか?


足したものによって、見えてくる風景って全然違いますよね。
それがモノクロなら、濃淡で表す分、色の想像力も膨らみます。
色じゃなくても、形でも物でもいいです。
ゆっくり、好きなものを増やしていってください。
色や形を楽しんでください。

『絵を描く』という行為を、楽しんでください。



妙に感情移入した長文になってしまって申し訳ありません;;
とりあえず入試が近いようなので、即効性のある方法としては、次にデッサンやった時にでも、仕上げに

「ヨッシ、完成ー!!!」

と叫んで(周囲に人がいる時は心の中で/笑)、気持ちに区切りを付けてください。なるべく笑顔で。無理矢理にでも笑顔で。
自分を甘やかしたり、妥協する為ではなく、「これはこれで完成なんだ」と区切る為に。
それで不満や未練が残るなら、次はそこをフォロー出来るように気を掛けてください。

切れた糸が繋がるよう、願っています。

質問した人からのコメント

2010/2/27 01:43:53

涙が出てきそうです。
がんばります。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

roy********さん

編集あり2010/2/2618:21:23

上手くなる?ことが本来の目的ではないと思う。

絵は言葉などの代わりに、気持ち、感情を形で表現するもの。
つまり中味(感情)がなきゃ、それは上っ面の表現でしかない。

例えば、ドラゴンボールのアニメ、戦闘シーンだけで魅力は
伝わらない。大事ものは作品の根底に流れている哲学。
人の生き方みたいなものが存在している。
これが無ければ意味がない。
描いた絵は無味乾燥なものでしかない。
単なる勝った負けただけのアニメに成り下がってしまう。

貴方が、どの位、絵を続けているのかわからないが、1,2年で
どうにかなるものではない。
焦ってもどうなるものでもない。
まず10年最低やってみることが必要。
揺るぎの無いオリジナル性は、そんなに簡単にでるものじゃない。
それまでは、我慢に我慢して勉強していくしかない。
その途中では、今の貴方の気持ちみたいに、嫌になることあるだろう。
だが、それに打ち勝って続ける!
そうして諦めなければ、いつか満足できるものが出来る。

因みにデッサンを突き詰めていってもオリジナルはでない。
デッサンとオリジナルは別々の所で存在している。いわゆるオリジナルは
その人の個性。唯一無二の個性。自分の性質を知る事が大事。
なにを持って自分と言う存在があるのかを考え続ける。
それで方向性が決まれば、あとは一枚一枚アイデア勝負。

オリジナルの方向性が決まっても、毎回毎回、やはり悩む、アイデアを
出す事は、まさに血の滲むような努力は続く。たぶん死ぬまで続く(笑)

とにかくデッサンはあくまでも、基本の中の基本。普通にできて当たり前。
表現方法の一つの手段にしか過ぎない。
どこかで線を引いて納得して切り上げないときりがない。
大学受験の為なら話は別だが、、、

but********さん

2010/2/2618:09:18

デッサンが上手くなれば、キャラクターも上手くなりますよ。
デッサンやってキャラクターのラインが良くなったとか、
ちょっと描いただけでもしっかりと辻褄のあった絵が描けるようになります。
あなたのようなスランプは、数回経験しています。
しかし、えを描かないのは問題です。
描かない期間でレベルが落ちてしまいます。
スランプ=超えた後ぐっと上手くなると信じて描きまくるしかない。
実際ホントのことです。
スランプの時は、マンネリ気分ですけど、けっこう抜ければラッキーです。
今も少しスランプ気味です。
私は、1学期の後半に長く大きいスランプが来ることが多いです。
冬休みがスランプだと困りますが、9月始まるまでに何とかなればいいみたいです。
抜けるのは大変な努力が必要ですが、それなり以上の結果が待っています。
がんばって抜けてください。(私も早く抜けなきゃ)

hah********さん

編集あり2010/2/2618:23:40

助けられるかどうかは分かりませんが、思うに「疲労」ではないでしょうか?

受験に差し障りが無ければ、少しクールダウンの意味も含めて、描かない時間を数日作ってみてはどうでしょうか?

スポーツ選手ではありませんが、やはり集中し続けると消耗します。

自分をコントロールする技を身につけ、ピークをどこに持って行くかを考えられるようになると良いでしょう。

追記)私の受験時代の話をすると、ある程度経験がある(多浪しているとも言います)人は受験前はあえてスローペースで描くようにしていました。うまい人ほどそういうペース配分にも気を遣っていましたよ。

何事も経験です。焦る気持ちも分かりますが、ピークを過ぎて走り続けるとやがて疲労が現れますから、時々ペースを落としたり立ち止まる事も必要になります。

igg********さん

2010/2/2615:26:17

僕はデッサンが嫌いで数枚しか描いた事がありません。モチーフの細部や特徴などがつかめればそれ以上は無意味だと思ったからです。基礎、基本としては良い訓練だとは思いますが、全く興味ややる気が起こらなかったのを覚えています。またリアルに描くなら‘写真撮ればいい‘とも思っていましたので美大入試は色彩オンリーで突破しました。
しかし大学入試に必要で自分の行きたい学科なら少し時間を置き、好きなことをやってモチベーションを上げてから再開すれば良いかと思います。
あまり詰めてやっても深みにはまる可能性もありますのでやれる範囲で頑張ってくださいね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる