香典の表書き について

香典の表書き について 表書きを「御香典」と書かなければなりません。 私の住む地域の市販の熨斗袋は、「御香奠」と印刷されています。 意味は同じと思いますが、まねて書くには難しいので「御香典」と書こうと思うのですが、 正式には、「御香奠」なのでしょうか?

葬儀1,775閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

香典は古くは「奠」の字を用いるのが一般的であったが、奠とは供え物の意味であり「香典(香奠)」とは、故人に対する供物であるとともに、不意の事態に遭遇した故人の家族への支援の意味もある。そのため、古くは農村部を中心に食料を送ってそれを僧侶や葬儀参加者の食事に宛てることが多かった。また、穢れの思想が強かった時代に葬儀に携わる故人の親族が人々と接触して穢れを広めないようにするために故人の家族と親族の食料を予め用意しておくという配慮があったとも言われている。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E5%85%B8#.E9.A6.99.E5.85.B8.E3.81.AE.E6.84.8F.E7.BE.A9 「御霊前」・「御香料」・「御香奠(典)」どれも仏式では正式です。 神式ではお香は焚かないので「御霊前」・「御玉串(料)」・「御榊料」となります。

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

0

正式なものなんてありません。それよりどうして「香」の字を使うかの方が面白いと思います。 どんな書き方をしても「お供え」のアレンジ型です。同じものを、右から見たり、左から見たりして書いてるようなものですよ。 どうぞ、「御香典」とお書きください。ちなみに私が好きな字は「献香」ですね。