ここから本文です

天理教本部の中心には「ぢば」というものがあり、人類発祥の地とされているらしいで...

ひすいさん

2010/3/111:26:57

天理教本部の中心には「ぢば」というものがあり、人類発祥の地とされているらしいですが、どうしてそこがそう考えられるようになったのですかね?
根拠とやらが知りたいです。

教えて所長さん!

閲覧数:
391
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/3/201:46:22

所長さんではないですが・・・。

天理教では、天理教の本部の中心にある「かんろだい(甘露台)」という柱の立っている場所(ぢば)が、神(親神)が人間の魂を宿しこんだ場所であると説いています。

明治8年陰暦5月26日に教祖中山みきが、屋敷内を歩き回り、足が吸い付くように立ち止まった場所が、まさしくそこだと言ったことに始まる・・・

・・・と天理教では教えています。

質問した人からのコメント

2010/3/2 02:34:04

成功 なるほど勉強になりました。
ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる