ここから本文です

初めてクロスバイク、エスケープR3.1を購入予定。初心者の女性です。変速段数が3×...

nuk********さん

2010/3/417:17:38

初めてクロスバイク、エスケープR3.1を購入予定。初心者の女性です。変速段数が3×8=24速らしいのですが、今まで変速できる自転車に乗った経験がありません。ご親切な方、どうかこの件についてお教えくださいませ。

お店の方に尋ねると、「ギアの大小なんて乗ってるうちにいろいろわかるから」というお答え。
私にはまったく想像もつかない世界です。「走ってるうちにって、まずどうやるの?どの数字から?」と心の中でつぶやきました。

車だって、まずそれぞれの違いというか、シフトチェンジの意味を教わって、相応しい速度や馬力の差があることを知り、
ローからセカンド、サード、トップへと順にクラッチでつないで走行しました。
急坂の上り、下りの時、あるいは人や荷物をめいっぱい乗せた時など、場合によって使い分けすることも教わりました。
自転車と車は違うのかも知れませんが……。

今の私は前に3つ、後ろに8つギアがあることくらいしか分かっていません。
ギアが大きいと、また小さいと何がどうなるのか、ギアの大小とと踏む力、スピードなどの諸々の相関関係など、
また現実的に上り坂・下り坂など走行する際の対応など、理論的な面と、実際的な面などを教えていただけたら幸いです。
なお、理科系の苦手な女子ですので、「まさか!ここまで」というくらい、(それ位理科で習ったでしょう?と言わず……)
分かりやすく、くだいてお教え願えればとても有難いのですが。
どうぞよろしくお願いいたします。

なお、「グリップよりトリガーシフターの方がいい」というスタッフの方のアドバイスでR3.1を購入予定となりました。

閲覧数:
4,413
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rai********さん

2010/3/417:42:19

平地で前のギアを一番外(重い)ギアにして一番楽に感じる所まで後ろのギアを軽くして行く

その漕いでいる回転数を保つ様に登りなら更に軽くして下りなら重くしていくが分かりやすいと思います。

難しく考える必要は無いと思います

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ks_********さん

2010/3/518:00:03

ほんと、すぐ慣れると思うよ。
変な意味じゃないけど、小学生でもギア付き乗ってるし。
例えば前側が50T(Tってのはギアの歯数)で後ろが11Tだと、ペダルを一回回すだけで後輪が五回近く回るけど、前40T後20Tだとペダル一回で2回転しかタイヤが回らない。
前者はそれだけ速いけど、ペダルに5回転分の負荷がかかって重くなる。逆に後者はたくさんペダルを回さないとスピードでない(遅い)けど、ペダルには2回転分の負担しかかからないので軽い。
まぁ実際はいろいろな抵抗摩擦負荷などあるけど、割愛。

mar********さん

編集あり2010/3/919:39:00

フロントは、センター(2速)に入れっぱなしで、
リア2速~7速を、負荷に応じて6段階に切り替えます。
その他のギヤは、まず使いません。(飾りみたいなもの)

ホームセンターで売っている6段変速シティ車と実質同じ。
難しく考える必要無し。
そういう初心者向けの自転車です。

(補足)
>>急坂の上り、下りの時、あるいは人や荷物をめいっぱい乗せた時など、…
>>自転車と車は違うのかも知れませんが……。
急坂の上りは同じ。
下りは漕がない。
本人以外の"人"、"荷物を目一杯"は乗せられない。

(参考)
右側のグラフがESCAPER 3.1、
3本線の上から、アウター、センター、インナー
線の左側がリア1速、右側がリア8速、
紫実線と黄色背景が使用する範囲(急坂登り~平地)です。

フロントは、センター(2速)に入れっぱなしで、
リア2速~7速を、負荷に応じて6段階に切り替えます。...

chi********さん

編集あり2010/3/423:26:31

>今まで変速できる自転車に乗った経験がありません。
すぐに慣れます。
まず、用語を覚えて下さい。
前のギアは、大きいのがアウターギア、真ん中がミドルギア、一番小さいのがインナーギアと呼びます。
後のギアは、大きい方がローギア、小さい方がトップギア、と呼びます。(車と一緒です。)

まず、普段乗る場合は、前をミドルギア(真ん中)にしておき、後のギアを変速させます。
発進時はローギア、スピードが乗ってきたらトップギア、へ1段ずつ上げて行きます。
上り坂の場合は、ロー側、下り坂の場合は、トップ側、にします。
ローは軽いがスピードが出ない、トップは重いがスピードが出る、その辺も車と一緒です。
で、フロントギアは、慣れない内は、ミドルギアのままで(アウターやインナーに変えないで)大丈夫です。
実際、フロントミドルギアを一番多く使いますので。
で、上り坂で、リアを一番軽いギア(ローギア)にしてもきつい場合に、フロントをインナーに落とすのです。(さらにペダルが軽くなる。)
同様に、下り坂等でスピードが出て、足がペダルにおいついていかなくなった時に、アウターにするのです。
注意するのは、フロントをインナーに落とす場合、リアを2~3段重くしてからでないと、急に軽くなってしまいます。
アウター側にする時はこの逆で、2~3段、先に軽くしておくのです。
お店の人の言う通り、少し乗ればすぐに慣れますから心配する必要はありませんよ。

aaa********さん

2010/3/417:58:46

車について知識があるので理解されやすいと思います。
イメージとして変速段数が3×8のうち前が3つ変速でき後が8つ変速できるギアだと認識してください。例えば、前が1のときは車で言うローの状態です。ローは発進や傾斜のある上りで使いますよね。前が2のときはセカンドorサード、前が3のときはサードorトップ、という感じで車と同じように速度が上がるにつれ変速します。では後の変速はは何かといわれるとこちらも前同様速度が「遅い1~~~8速い」に合わせて変速します。後変速は前と違い細かくギアを変速することができます。車と違い人間の力は非力なので少しの傾斜の変化で上れなくなってしまいます。その時に傾斜に合わせたり、速度の変化にあわせたりしてこまめに後ろの変速を行います。

次に簡単にどう使うかというと
前1の後1~8は急な上り~上り
前2の後1~8は上り~平地
前3の後1~8は平地~下り
という感じです。

ギア比はご存知でしょうか?簡単な数字で
1:前のギア(歯が30個)で後のギア(30)だとペダルを1回転させると車輪が1回転します。2:前のギア(40)で後ろのギア(20)だとペダルを1回転させると車輪が2回転します。3:前のギア(20)で後ろのギア(40)ではペダル1回転で車輪が0.5回転します。
車輪を1回転させるための漕ぐ力を10だとすると
1:10(普通)(普通)
2:20(漕ぐのが重くなる)(ペダル1回転で良く進む)
3:5(漕ぐのが軽くなる)(ペダル1回転であまり進まない)

que********さん

編集あり2010/3/418:02:26

基本は、左:2 右:適度な重さの段 で使うと良いです。
普段の調整は右だけで十分です。低速時は軽めに、スピードがのって来たら少しずつ重めに。
特に1から使わなきゃいけないとか、8まで使わなきゃいけないとかいう決まりはありません。
自分の楽な重さに調整してください。

左は1段の調整幅が大きいですので、大まかに変える時に使います。
急坂が見えてきたら、左を1に。
平地や下り坂で足が軽すぎるなら、左を3に。
など。やはり細かい調整は右で行ないます。左は頻繁には使わなくてOKです。

もしこの表現が通じるなら、ですが。
車に例えるなら、右は通常の変速機、左は副変速機と考えると理解しやすいかも。副変速機とは、よくオフロード車についてるやつです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる