ここから本文です

交通事故にあいました。

ykk********さん

2010/3/917:55:37

交通事故にあいました。

一月中旬に私が自転車に乗っている時にタクシーにぶつけられ、左ひざ十字靭帯損傷と打撲、腰打撲でリハビリを含め全治3カ月の診断が出ました。
左ひざの靭帯が伸びている状態だっので、医師からも日常生活を気をつけるように言われていいましたが、4日ほど前に自宅でバランスを崩しとっさに左ひざをかばいましたが右ひざは曲げたまま後ろに転倒しまいました。その時に右ひざの皿?がずれてしまいとっさにもどしました。
しかし激痛で歩くことが出来ず救急車で病院に運ばれ、脱臼と診断されました。レントゲンしか取っていないので靭帯を損傷しているかは
明日病院で検査しますが、この場合交通事故の保険はきくのでしょうか?看護師さんには事故したのは左ひざで右ひざは関係ないので全額自腹といわれました。事故をおこしたタクシー運転手に電話すると、「私は自転車代も弁償したし、病院に通院する際のタクシー代も払ったし、治療費は保険で出ますので、これ以上は出せません。」と言われました。
そのタクシー会社の保険担当は事故をしてから2カ月ほどたつのに、こちらから電話をすることはあっても一回も電話がありませんでした。
長くなりましたが法律にくわしい方にアドバイスをお願いします。

閲覧数:
426
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/3/1121:12:49

常識の範囲で考えましょう。①事故相手は病院代、通院代、etc・・・保険を使用して支払われてますよね?事故によって、通常発生するはずのない金額は支払われていれば、それを『賠償金』と言います。あなたの文章から言って合法・・・。②相手の保険担当の挨拶(連絡)無しと言う事ですが、支払われている以上、担当者の人格を疑う事はあっても、特別違法ではありません。通常、『その後体調はいかがですか?』の連絡はあって当然ですが、常識か非常識か・・・の範囲です。③逆の立場ならあなたならどうしますか?自分の起こした事故でふびんな思いをさせたにしても、かかったお金は支払っているのに・・・とか、今回の事故で受傷したならわかるがある意味では自分の不注意じゃないの?とか・・・思いませんか?あなたなら自腹でも支払いますか?

多分、ちょっと違うんじゃないの?と思うはずですが・・・。

あなたの胸のどこかに、『あんたのせいでこんな思いして!こんなつらい思いして!右ひざまでケガしなくて済んだのに!』と言う思いは無いですか?確かに自分もあなたの立場なら思います。が、しかしそれは個々の感情の問題で、話は別と思いますよ・・・。

次に法律的に・・・
現状では、あなたが相手に今回の右ひざのケガの件で問い合わせたところで話は止まっていると思いますが、仮に今回の分も支払え!的に強引に申請すると、最悪、相手側から恐喝で訴訟を起こされるかも・・・

もし、あなたの気持的に納得行かなければ仕方がないので、結局お金で解決・納得するしかないですが・・・その場合、リハビリで2年は通院できると思います。(相手もしくは相手の保険担当に治るまで通院する事を告知)つまり通院の名目で少しでも金がさを上げる。同様に自分の加入している傷害保険や自転車の保険?等、あらゆる保険を請求する。

と言ったように結局、金で納得するしかありません。

最後に上記に書いた『賠償金』の他に『慰謝料』があります。確認しますが慰謝料は病院の分ではありません。あなたが今回の事故でおった付加価値的な損害・・・つまり精神的苦痛・社会的地位の損失など、簡単に言えば形の無い、計測不能、基準が無い・・・などの損害の事ですが、これも別途請求できます。しかも金額は基本的にあなたの好きなだけ請求できます。ただし、法外な金額は却下されますが・・・その反面であなた自身がどういう損害を得たのか・・・を証明しなくてはいけません。

例えば、精神的苦痛で言えば体調不良が一般的ですが、体調不良と事故の因果関係を証明します。社会的地位の損失で言えば今回の事故で長期入院が余儀なくされ、解雇処分になった・・・左遷された・・・等。学生さんなら学校に行けなくなり退学した・・・等。しかし全治3ケ月の診断では無いと思いますが・・・。

長くなりましたが、あなた自身どこかに納得できるものが欲しいと思いますが、常識的に今回のケガは自分の不注意、相手は一般的に賠償してくれたと納得するか、納得いくまで金を取る・・・かですね。

関係無いですが、参考にして下さい。
2008年度発表の統計です。(消防庁・警察庁)
寿命80歳で算出ですが、75%の人が80年の中で事故により負傷、5%の人が事故により死亡、10%の人が自宅が家事になる、自分は少しがっかりしましたが、老衰死は2.7%です。単純に考えて、今回あなたは75%の人になりました。しかし幸運にも5%の人にはなりませんでした、自転車で車に接触されたにもかかわらず・・・ラッキーです。といった考え方も悪くないですよっ。

あくまでも確率の話でした。では体に気をつけて、周りに気をつけて、足元に気をつけて・・・早く治るといいですね・・・。

お邪魔しました・・・。

質問した人からのコメント

2010/3/16 02:19:00

降参 yuunori1910さん、とても分かりやすい説明ありがとうございました。
膝は後遺症が年をとっても続くと聞いて不安だったので相談させていただきました。
今後は事故にあわないように自分も気をつけたいと思います。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cbt********さん

2010/3/1315:03:22

自宅で転倒し、反対の足が負傷!
それはあなたの不注意によるケガで、タクシー事故とは関係ありませんので、あなたの健康保険で治療する事になります

ka0********さん

2010/3/918:20:46

こんな時のために、傷害保険に加入してなきゃ!!

2010/3/918:10:14

交通事故受傷が左膝で、今回が右膝関節の脱臼であれば、お気の毒ですが、交通事故を原因とした損害にはなりません。

治療先の説明の通り、健保適用で治療を受けることになり、30%はあなたの負担となります。

以上です。

交通事故110番 宮尾 一郎

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる