ここから本文です

魚は淡水と 海水の魚に 分かれていますよね。イルカとか クジラは ほ乳類ですので ...

har********さん

2010/3/1315:50:14

魚は淡水と 海水の魚に 分かれていますよね。イルカとか クジラは ほ乳類ですので それって 真水でも かえるってことですか?

補足イルカプールは 海水なんですか?

閲覧数:
702
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kor********さん

編集あり2010/3/1414:18:57

お風呂に長時間入ってると、手足が『ふやける』ことがありますよね?

これは『浸透圧』によって御湯が皮膚を通って体内に呼び込まれる現象であり、これと同様の現象がイルカやクジラのも起きると考えられます。

・ 『一時的』と限定付ければ死ぬ事はありませんが、飼育となれば『長期的な管理』が条件となりますので、答えとしては『不可能』となります。

・ 淡水が体内に強制的に呼び込まれる事で体内の塩分バランス・ミネラルバランスが崩れるので、長期的な飼育においては『体調不良⇒慢性的な不調⇒体力減少に伴う疾病⇒衰弱死』と言う流れになるでしょう。


補足確認しました。

もちろん海水ですよ(笑)

水族館の殆どが海辺に建設される大きな理由1つは、『海水入手の利便性』なのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

len********さん

2010/3/1318:52:59

短時間なら真水でも可能ですが、ずっと「飼う」のは難しいです。
というのは、何故彼らが海にいるのかを考えるといくつかの決定的な理由が見えてきます。
まず、エサが多い。これは「飼う」のでクリアできますね。
そして、「浮力」の問題。
彼らの大きなカラダを保っておくためには、浮力の大きい塩水でないとタイヘンです。
呼吸のために何度も水面まで上がってこなくてはなりませんが、浮き袋もないので自力で泳いでくるしかない。
浮いたらその状態もキープしなくては…。
次に、寄生虫の問題。
私たちはあまり気にしたことがありませんが、野生動物は日々寄生虫との戦いをしています。
真水と塩水とで、寄生虫の暮らしやすさは段違い=寄生虫の数も段違い。
硬いウロコなどや密集した毛などを持たない彼らがあっという間に餌食になるのは目に見えていますね。

owl********さん

編集あり2010/3/1421:28:49

補足に付いて

もちろんプールの水は海水です。^^
海で暮らす動物は、漏れなく体内の余分な塩分を濃縮して排泄する機能を備えています。
反対に淡水に暮らす生き物は、体内の塩分が周りの水に溶け出さない様に(体内に水分が入る事によりふやけるともいえます)大量に水分を排泄しなければなりません。
海水中と淡水中に住む生き物は、例え近似の種でも生理が違っていて自由に行き来できません。
鮭なども淡水から海水、海水から淡水と行き来しますが、河口域で一定期間体調を整えながら移行します。

鯨類で淡水で暮らすのは河イルカだけです。
揚子江河イルカ、インド河イルカ、ガンジス河イルカ、インダス河イルカ、アマゾン河イルカ、ラプラタ河イルカがいます。
海洋性の鯨は淡水には住めませんし、淡水イルカも海洋では暮らせません。
http://ichiranya.com/technology/045-river_dolphin.php

wor********さん

2010/3/1315:55:01

真水でも死なないと思いますが、海水の中で何億、何千万年って進化してきたなら海水のほうが適してると思います。おそらく、体にかかる圧力や、成分が変化するので、「すぐには死なないけど、だんだん弱る」ぐらいじゃないでしょうか。素人の当て推量ですので参考までに。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる