母子家庭のスタッフの採用について

母子家庭のスタッフの採用について 母子家庭のスタッフを4月より採用予定です この際、助成金対象として、申請はできるのでしょうか? 子供さんは1人で現在、中学生とのことです 2月で前会社を退職されておられます くわしい方、よろしくご指導お願いします

目の病気1,222閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

特定求職者雇用開発助成金ですね。(特定求職者とは、母子家庭のお母さん、60歳以上65歳未満の高齢者、障害者などが対象者です)。母子家庭の母がなぜ就職困難なのか?採用をする際にに、子どもの病気やけが、学校行事等で休んだり早退する場合が多いと思われる母子家庭の母に対し、企業は積極的に採用をしない傾向があるため、少しでもそれを補う形で母子家庭の自立を目指している制度です。 この助成は採用方法に決まりがあります。 まず、この助成金を利用するには大きな4つのルールがあります。 1.ハローワークの紹介で、採用すること。 2.採用者を「期間の定めのない雇用」で雇うこと。 3.すでに、雇用保険に加入している事業所の事業主であること。 4.採用者を雇用した日から雇用保険に加入させること。 1がポイントでハローワークの紹介で採用することが条件です。ハローワークからの紹介状(はがき)を持参した応募者を採用した場合のみ有効となります。ハローワークインターネットサービスからの応募では対象となりません。必ず紹介用が必要です。また母子家庭の母がハローワークに登録をする際に「母子家庭の母」であることを伝えている人でないと対象になりません。 対象となる方を採用し、ハローワークにはがきを返信(FAX)すれば、企業側がなにもしなくても、申請の書類が送付されてきます。それに必要事項を記入し、必要書類を添付し提出すれば助成を受けることができます。申請期限がありますから気をつけてください。1日でも遅れれば申請はできません。 ちなみにこの対象者の紹介用には「母子家庭」などという押印はありません。一般の応募者と同じ紹介状です。 またこれとは別に、母子家庭の母等を「トライアル雇用」として募集する方法もあります。こちらは求人を出す際に、ハローワークへ「トライアル」としての採用を考えていることを伝えなければいけません。この場合紹介用には「トライアル雇用」などと押印されます。 http://www.roudoukyoku.go.jp/joseikin/joseikin.html#1