ここから本文です

FF7のゴールドソーサーのゴーストホテルで泊まるイベント(キーストーンを入手す...

gtm********さん

2010/3/2223:10:05

FF7のゴールドソーサーのゴーストホテルで泊まるイベント(キーストーンを入手するもロープウエイが故障し、ケット・シーにキーストーンを盗まれる時)で

クラウドがこれまでの話の整理をし、エアリスが
「イレズミは宝条に何かされた人だと思う(意訳)」
と言った後
「それに……」
「ううん、やっぱり何でもない(うろ覚え)」
と言いました

何て言おうとしたんですか?

閲覧数:
1,089
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ban********さん

編集あり2010/3/2412:59:26

私は何となくですが、彼女は
「刺青に関係無く、他にも何かされた人(暗にソルジャーを指して)
もいるのかもしれない」という漠然とした疑念を抱いていたが為に、
その考えが口をついて出そうになったのかと思っていました。

私の見解としては、おそらくですがエアリスは
・5年前のニブルヘイム事件の詳細を知らされている事
・彼女自身も少なからず宝条の人となりを知っている事
・クラウドの抱える問題も微かにも察知していたと思われる事
・それまでの経緯で関連性を思わせる謎(黒マントの動向、宝条の態度等)
これらの事柄から、
もしかするとソルジャー(クラウド)自体が
『魔晄を浴びた神羅の精鋭』以上の、
何か別の目的が隠されている実験体なのではないか?
という旨の考えに至っていたのではないでしょうか。
宝条に精神にまで害を及ぼす様な何かをされているのではないか、
クラウドに対してそういう不安を抱いていた様に思いました。

ですが、状況的にも問題が山積しているこの時点で、
不安定さを垣間見せるクラウドに憶測で不安を煽る訳にもいかず、
彼への気遣いから言葉を飲み込んだのかな?と。

そしてセフィロスにより端を発したと思われる一連の出来事が、
全てセフィロスに帰結する可能性も彼女は見出しており、
更にはそこにクラウドが関わってくる可能性も脳裏にあった――
は、考え過ぎでしょうか?

ただ、その後の古代種の神殿での展開と、
「セフィロスの事、私に任せて。クラウドは、自分の事だけ考えて」
という彼女の言葉から察するに、上述の理由(私見ですが)から抱いていた
クラウドをセフィロスに近付けさせるべきではないという漠然とした懸念が、
あの段階でついに確信に変わったのだと、私は勝手に思っていました。
そしてあの悲劇…(泣)。

いずれにせよ、言葉ひとつ採っても想像の余地があるのは
ゲームとして素晴らしい事ですよね。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

shi********さん

2010/3/2308:47:36

予想ですが。
「それに…もしかしたら、わたしも何かされたことあるのかもしれない」
ではないかと。

古代種の末裔であるエアリスは、小さいころから異能力者の実験体として、母親と一緒に神羅の研究所に監禁されていたことがあります。宝条とはそのころから知り合い(?)でした。その辛い生活のなかで、母親がどんな仕打ちをうけていたのかは想像もつきませんが、エアリスも何かしら生体検査のようなものを受けていた可能性はあります。

イレズミを受けた人が実験体だと知っている彼女は、自分も無意識下(赤ん坊のころや、薬で眠らされている間など)に、彼らのような恐ろしい起爆剤を埋め込まれている可能性を恐れていたのではないでしょうか。
それは明るくふるまうことでわざと遠ざけていますが、その不安はずっとあったのです。旅をすることで、いよいよ自分もあんなふうになってしまうのかという不安が、「それに…」とうっかり言いかけるのですが、クラウドが明らかにマコウ中毒者の症状があると気づいている彼女は、(スラム街で同じような人を見ているため)彼に余計な負担をかけまいと口を閉ざしたのだと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる