ここから本文です

網かけについて質問があります フォトショップでカラー原稿(表紙)をつくりました ...

hiy********さん

2010/3/2704:41:15

網かけについて質問があります
フォトショップでカラー原稿(表紙)をつくりました その表紙を本文ページの最初に使いたいのですが、その場合、 グレースケール→ハーフトーンで網かけ処理をすればいいのでしょうか?検索してもなかなか見つからないので、大体の手順を教えてほしいです

あと、アナログ原稿(B4)をスキャナーで取り込んだのですがトーン部分がモアレしていました やはり製本されたときそのままでてしまうのでしょうか?直す方法があれば教えてほしいです

補足本文スキャニングについてですが問題点が2つあり、
・印刷所が表紙本文共にデジタルかアナログのみでしか扱ってくれない(金銭の関係で安い印刷所を使用しているので)
・投稿用原稿で描いたのでセブンイレブンのコピー機でスキャニングしているのでfuwa_onさんが教えて下さった方法ができない
なので表紙を印刷して入稿しようと考えたのですがこの方法だと問題があるでしょうか?
カラー原稿の方法については理解しました 本当にありがとうございます

閲覧数:
1,649
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oya********さん

編集あり2010/4/119:09:26

本文使用については、グレースケール→二値化

スキャニングについては。
トーンをスキャンで詳細に写し取ることはほとんど不可能です。
トーンを貼ったものは、そのままアナログ入稿しましょう。
表紙だけデータ、本文は紙で受け付けてくれます。
印刷所は品質的に「こんなモアレた物を作った」という
レッテルを貼られるのを嫌がります。
老舗印刷所は特に「推奨していません」としていますが、
「どうしてもとおっしゃるなら…」という注意つきで
最小限の劣化レベルで抑える方法をホームページに
載せています。一度ご覧になってください。

トーンはこれからはスキャン後にデータで貼りましょうね。

※補足を読んで

これは、また違う質問ですよね…できれば別途質問を
あげてくれると助かるんですが^^;

カラー表紙を印刷して入稿…はダメです。
家庭用プリンターはまず綺麗に印刷できません。

どっちにしろ、今回はカラーはデジタルで。本文はアナログで!
印刷所に相談するか、別の印刷所を探したほうが間違いありません。

質問した人からのコメント

2010/4/2 08:08:25

補足に回答ありがとうございます 印刷所に相談してみたいと思います
他の皆さんの回答もとてもわかりやすく参考になりました 本当にありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fuw********さん

編集あり2010/3/3117:04:48

グレースケールのままでも大丈夫だと思いますが…^^ノ

本来【網かけ】とは写真や紙に描かれたイラストなどをオフセット印刷ができる状態にすることです。専門的な話をすると長くなりますので割愛しますが、ちょっと乱暴な言い方をすれば、カラーデータをグレースケールデータに変換すれば【網かけ】は終了…というよりもデータ化されていれば必要のないものです。後はトーンカーブなどで細かな濃淡の補正を行ってください。最終的な出力線数は印刷会社に委ねることになりますので一度印刷会社に確認されると今後の参考なります。

留意すべき点は解像度。今回はカラーデータの流用ということですので、おそらく300~350dpiで作成されていると思います。今後もカラーデータを本文に流用したい場合、カラーデータを600dpiで作成し、最後にカラー用とグレースケール用で解像度を調整するとよろしいかと思います。グレースケールで300dpiですとややぼやけた印象になります。(※一般の方にはわからない程度ですが…)

一応サンプルURL貼っておきます。左からカラー・グレースケール・モノクロ二階調です。このサンプルに近い状態で印刷されます。
グレースケールも厳密には黒点の集合ですが、モノクロ二階調よりも精細な黒点で処理されるため濃淡表現がスムーズで綺麗です。雑誌ではカラー掲載だったものが単行本収録時にはモノクロになっている場合があると思いますが、あれがグレースケールでの印刷だと考えていただればわかりやすいかと思います。
http://imepita.jp/20100331/393630

補足として【網かけ】を【グレー部分のトーン化】と考えた場合。(入稿形式がモノクロ二階調) カラー原稿の主線が黒(K100%)で描かれていない場合、そのままグレースケールに変換しますとこの主線にも【網】がかかります。このままモノクロ二階調化してしまうと、この主線もトーン化されてしまい解像度によっては主線が欠けてしまいます。(サンプルのモノクロ二階調参照)もしも主線をしっかりとした黒で印刷したい場合には主線を黒(K100%)もしくはそれに近い濃度にする必要があります。方法は「トーン化」で検索してみてください。

また、念のために書いておきますが、フォトショップのフィルタに【カラーハーフトーン】という項目があります。これはデザイン的にドットを強調するフィルタであり、アミ処理のための機能ではありません。入稿のデータ形式がグレースケールの場合、このフィルタを使用してしまいますと製版時の線数によってはモアレが起きる可能性がありますのでご注意を。

トーンを貼った紙原稿についてですが、こちらを参考にしてみてください。
http://www.sunrisep.co.jp/genkou/2003tinfo/mps.html#mps8
●スクリントーンを張り込んだ原稿をスキャニングする場合

fki********さん

2010/3/2705:08:37

表紙を本文に使いたい場合、
アミかけはモード変更で
モノクロ二階調から「ハーフトーン」を選択する方式で合ってます。
線数は60前後が手頃でしょう。
フィルタでハーフトーン処理してから
モノクロ二階調で「50%を基準に二階調に分ける」を選択すると
また違う感じのアミカケ処理ができます。
どちらがいいかはお好み次第です。

スキャンしてモアレたものは
製本してもそのままです。
「元の原稿はモアレてないのにスキャンしたのを縮小したらモアレた」
というのであれば
手順がちょっと違っていたかと思います。

グレスケでスキャン→フォトショでモノクロ二階調、50%二値選択→再びグレスケ→
希望の大きさに縮小→再びモノクロ二階調、ただし今度は「誤差拡散」を選択

ちょっとややこしいですがこれをやるとかなりマシになると思います。
アクション登録しておくと便利ですよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる