ここから本文です

将棋、囲碁、オセロ、チェス、麻雀 等、のゲームでは、それぞれ、先手後手どちら(...

tak********さん

2010/3/2714:25:42

将棋、囲碁、オセロ、チェス、麻雀 等、のゲームでは、それぞれ、先手後手どちら(麻雀の場合はどの風)が勝率が高いのですか

閲覧数:
500
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pte********さん

2010/3/3009:40:17

将棋と囲碁はやや先手有利だそうです。将棋は先手勝率(51~54%)、囲碁は(51~52%)。
オセロは6×6のマス目では後手が有利で、必勝法すらあるらしいですが、8×8は未だ研究中で、答えは分かりません。
チェスは圧倒的に先手有利で、後手の勝率の約2倍です。

麻雀に関しては確かなデータはなく、非常に複雑な要素があるので確かなことは分かりません。
すでにご存知かもしれませんが、麻雀のルールからどの風が有利かを説明します。
まず4人が全員同点(25000点)で終了した場合、順位は起家(東)→南→西→北の順番になります。つまり、起家が有利であるといえますね。
また、麻雀では親の時に限り、獲得点数が1.5倍になります。麻雀は誰かの点数が0になって時点で終了するルールが主流なので、最低でも1回は必ず親番がある起家は有利、一方、親番が来ない可能性の高い北は不利です。

しかし、その代わりに北にもいくつか特権があります。
1つ目に、アガリ止めです。これはオーラスに限り、その時の親番(北)がトップになると連荘せずにそのまま終了できるというものです。北は即逃げきれるという訳ですね。
2つ目に東4局での親番です。開始早々は互いの戦略が分からず、様子見が重要になるケースが多いのですが、そんな中で東1局の親番(起家)というのはチャンスとは言えません。場が程良く進み、互いの戦略と場の状況が把握できた中盤の東4局目に親番が来るのは有利であるともいえるでしょう。
他にも色々な要素がありますが、麻雀においてはどの風からスタートしても一長一短であり、また、その人の戦略によっても大きく左右されるため、どこが有利とははっきりとは言えません。

何だか中途半端ですが、これが私の回答です。ご参照ください。

質問した人からのコメント

2010/3/30 10:14:47

降参 丁寧な回答ありがとうございます。将棋が、やや先手有利との話は聞いたことありますが、チェスはかなり差があるのですね。”麻雀”は確かに2人勝負ではなく運に作用される要因もあるので確かに、どれが有利かの判断は難しいですね

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる