ここから本文です

刺身に出来る鯖と出来ない鯖の違い

ton********さん

2010/3/3012:35:00

刺身に出来る鯖と出来ない鯖の違い

鯖にはアニサキスがいるので、刺身には不適と聞きますが、関鯖など一部の鯖は、刺身で食べる非常のおいしいのですが・・・
刺身に出来る鯖と、出来ない鯖、何が違うのでしょうか?
小生、釣りが好きで外道として鯖が釣れることが多くあるのですが、やはり普通の鯖は刺身に不適なんでしょうか?

閲覧数:
797
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

uoo********さん

2010/3/3014:08:29

私は 福岡に住んでいるので 日常的に
鯖刺し、ごまさば(胡麻醤油和え)を頻繁に
食べています。

居酒屋さんの刺身メニューでも 1番人気の店が多いです。

福岡は昔から 鯖の生食が当たり前ですが、
そうじゃない地域の方は
アニサキス=鯖 と思ってる方が 多くないですか。

代表的な魚は他に、サケ、アジ、イカ、タラなど
ポピュラーなものばかりです。

ということで サバも鮮度が良ければ 問題無しです。

アニサキスは 内臓の部分にいます。
なので、中途半端に処理して持ち帰ると
身に入りこむ可能性があります。
(この場合でも 見えるので取り除けば問題なし)

処理して持ち帰る場合は 一気にワタを抜いて
しっかり洗ってください。

そのまま冷やして持ち帰れば 身に入ることは
ほとんどありませんので、家で同じように処理してください。

釣り鯖の場合は 首を折るなどして
活き締め、血抜きは必須です。

先日 家で作って食べた鯖刺しとごまさば盛り合わせ。(買った鯖でつくりました。)

私は 福岡に住んでいるので 日常的に
鯖刺し、ごまさば(胡麻醤油和え)を頻繁に
食べています。...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

oba********さん

2010/3/3012:50:07

鯖の場合、寄生虫の心配もさることながら、アレルギーの起こしやすい物質を含む為
鮮度が重要視されているのだと思います。

鯖の生き腐れという言葉があるほど、鮮度が落ちやすい代表の魚です。

ヒスチジンを多く含み、釣ってからヒスタミン(アレルギー源)を発生しやすい為、蕁麻疹の原因となります。


刺身に適した鯖は日本近海で生育した物が寄生虫の心配がないらしいです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる