ここから本文です

脚やせ成功談。。。

lesson_odd_cakeさん

2010/4/214:29:04

脚やせ成功談。。。

私は下半身デブです!いろんな方法をためしているけどなかなか脂肪がとれなくて困っています。。。みなさんの脚やせ成功談を教えてください!失敗談も教えてくださると嬉しいです。

閲覧数:
22,343
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sure_1616さん

2010/4/711:17:43

脚や下半身を細くするためには体幹を鍛える、すなわち「ウエストから骨盤周囲、お尻を引き締める」ということです。脚の細い、スタイルのいい白人や黒人は体幹を「お尻」で受け止めます。「?」となるかもしれませんが、「身体を支える『骨盤』というお皿を『お尻』という筋肉でしっかり支えられる」から脚が細くてすむのです。日本人はお尻の筋肉が小さいためどうしても体重が脚に逃げてしまい、それが脚太りに繋がります。
また、お尻にはお尻自体の筋肉だけでなく、腰椎から骨盤を跨いで太腿に繋がる「大腰筋」が大きく関わっています。体幹を支える非常に重要な筋肉で、これが骨盤をしっかりと引きあげ、お尻を「きゅっ」と持ち上げるとともに「くびれ」を形成しています。日本人は遺伝的に大腰筋が細く、白人は日本人の1.3倍、黒人に至っては2.0倍、それに比例するかのように、上半身の筋肉量も黄色人<白人<黒人の順で、彼らのスタイルや姿勢のよさもこの筋肉の強さから生み出されています。
さらに、大腿骨が骨盤に対して内旋している(膝が内側にひねりこまれた)「内股」だと、大腿骨頭が横に張り出すことによってお尻の筋肉も骨に引っ張られて力が入らなくなり、「扁平で幅広な力の弱いお尻」になってしまいます。このような力の無いお尻では体重が脚にかかり、これも脚を太くするのに繋がってしまいます。さらに「内股」は股関節内側を通る血管やリンパを圧迫し、「冷え」や「むくみ」といった不快症状や「太腿(特に内腿)やふくらはぎのだぶつき、太り」等の老廃物や脂肪の蓄積を引き起こします。特に日本人女性は「膝を開くのを嫌う」「床に座る(女の子座り)」生活習慣があるので大腿骨が内旋しがちです。
「コア○○」とか「骨盤○○」等のエクササイズでも見られる「骨盤を廻す動き」が体幹をしっかり鍛え、「脚の横上げ」のような「膝を開く動き」がお尻の筋肉を鍛えます。体幹やお尻が強くなることによって「くびれ」が出来上がるとともに、骨盤と背骨の関係を正しく保てるようになり、自律神経の正常化かつ活性化、代謝の向上に役立ちます。さらに、お尻を鍛えることで、それに付随する下肢も引き締まってきます。バレエの「プリエ」のような「股関節を開いて屈伸する動き」が、弱く硬くなりがちな股関節や内腿をしっかりストレッチして脚を引き締めながら「内股」や「外股」を矯正します。太腿の内外旋が矯正されて股関節に柔軟性が出てくると、体内循環もスムーズになり身体が全体的に快適になり、「脚がまっすぐになる」いうおまけも付いてきます。
家でも出来る簡単な運動(でも実際やってみると結構ハードですが)を紹介します。これをやるだけでもかなり違ってきます。
体幹を鍛える運動として
http://www.youtube.com/watch?v=ygmluFdp7KM&feature=related 骨盤回し
http://www.youtube.com/watch?v=QVsIGxsqjlY 腿上げ
http://www.youtube.com/watch?v=2pWoPfHrQ7M 四股体操
お尻を引き締める運動として
http://www.youtube.com/watch?v=rKD5eV4-Jm8&feature=related ヒップアブダクション
http://www.youtube.com/watch?v=D0M1huILDjk&feature=related ヒップアブダクション
http://www.youtube.com/watch?v=C3wdh16J6Cc ヒップアップサーキット
内股修正
http://lifestyle.nikkansports.com/exercise/2006/ballet/060511.html プリエ
http://www.youtube.com/watch?v=lvXLX7ynjFU プリエレッスン
女性はよくつま先だけ開いて膝が内側に入ってしまいますが、それでは効果は得られません。つま先も膝もしっかり開いて運動中常に同じ方向をむいているようにしてください。しっかり矯正したい場合は両脚の踵をくっつけて出来るだけ深く膝を曲げ、伸びるときはしっかり膝を伸ばしきります。お腹に力を入れて背骨をまっすぐ、お尻は前に突き出すようなつもりで、くれぐれも後ろに引いてはいけません。内腿にきちんと負荷がかかることが重要です。

運動は日々の継続が大事、欲張ってやっても続かなければ意味がありません。簡単な運動でもきちんと続ければ結果は必ずでます。

食事に関しては、炭水化物は世間でいうほど太らないどころか筋肉や内臓にとって活動エネルギーの源、しっかりとらないと体中の筋肉がやせ細っていつまでたっても代謝は上がってきません。内臓がエネルギー不足なら、蛋白ばかり一生懸命摂っても分解しきれなかった分が脂肪になって蓄積するだけです。さらに蛋白を動物性食品(肉、卵、牛乳等)で摂取すると脂質も入ってしまいます。炭水化物カット&高蛋白で失敗するのはこの辺に理由があります。ダイエットで一番問題になるのは脂肪の摂取です。植物性蛋白を主軸に、脂肪摂取を避けましょう。

体幹が強くなって栄養バランスがコントロールできれば身体は自然に出来てきます。頑張ってください。

脚や下半身を細くするためには体幹を鍛える、すなわち「ウエストから骨盤周囲、お尻を引き締める」ということです。脚の細...

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。