ここから本文です

織田信長の「第六天魔王」とは、どんな意味なんですか?

こたろうさん

2010/4/820:38:11

織田信長の「第六天魔王」とは、どんな意味なんですか?

閲覧数:
49,853
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tho********さん

編集あり2010/4/821:31:34

「第六天」とは仏教で言う6番目の天界、「他化自在天」の事です。

仏教世界観に於ける天界、神様の世界は様々なランクがあり下から「欲天」「初禅天」「二禅天」「三禅天」「四禅天」「無色天」の6つの世界があります。
「欲天」とは天界の中でも下のランクで欲望から離れられない神様が住む世界だと言われています。
その「欲天」も6つに別れ、下から「四大王衆天」「忉利天」「夜摩天」「兜率天」「楽変化天」「他化自在天」に別れるとされています。

武神として有名な須弥山の王、帝釈天は「忉利天」の支配者です。
我々の死後に地獄に行くか天界に行くか定めてくれる裁判官、閻魔様は「夜摩天」の支配者です。
56億8千年後に地上に降臨し救いをもたらしてくれる次の仏陀とされる弥勒菩薩が現在修行されているのは「兜率天」です。

「他化自在天」とは「欲天」の中では最高位とされている世界で、そこに住まわれる神々は望む事はすべてかなえられ、望みうる最高の快楽が、自由自在に得られる世界だとされています。
この天界の主である「他化自在天王」は、天界・人間界はおろか地獄界までを含めた世界全体にわたって、自由自在に楽しみを与え衆生が楽しむ事を楽しむという、非常に高尚というか変な趣味を持っているらしい。
つまり我々人間が偶然に幸福を得られるのは、他化自在天王が天から超能力を使って我々にそういった運命を与えてくれるからなのです。

不幸な人々を幸福にしてくれる、すごくいい人のように思われる他化自在天王がなぜ仏教で第六天の魔王と呼ばれるのかと言うと、つまりこの神様は欲望の神様なのです。
滅私奉公で人々のために尽くす神様ではあるんですが、その結果欲望が満たされた人々は努力して自分を磨くことを止めてしまうのです。
なにより仏教は欲望を捨てて解脱し仏になるのが一番幸せだと考える宗教ですから、それを妨害する他化自在天王は神であると同時に悪魔でもあるとされているのです。

信長はキリスト教の宣教師ルイスフロイスに「私は仏教で言うところの第六天魔王である」と述べたという記録が残っています。
これはつまり信長の政治に対する考え方を示したモノだと言えるでしょうね。

彼は支配者の幸福とは人々笑顔を楽しむという欲望を持てることだと考えていたのです。
自分自身が楽しむのではなく、まず人々に楽しみを与える、それを見て仕事に達成感を持つことができるようにしなければならない。
だがそれは決して正義ではない、別の側面から見ればとてつもない悪行とされる事もあり得る。
名君とは、そういった二つの側面を併せ持つ矛盾した存在なのです。

質問した人からのコメント

2010/4/8 21:50:27

驚く なるほど~~。とても深い意味があったのですね。簡単に「第六天魔王」と言っている、いわゆる「歴女」たちにはこの意味を理解しうるかどうか……

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

k1_********さん

2010/4/820:55:14

第六魔天王~悪魔の王、そしてさまざまな宗教の敵・・というような意味。信長の信念・自我には「自分こそが生きた神、生きた仏であり、神主や坊主が大事にしている石や木などは、神仏ではないのだ」といいきっている。信長は中世の遺物・精神などを否定し破壊し新しい世界を切り開こうとした。故に後の世人は、信長のことをシバ神のようだとも呼んだ。シバ神・・破壊と創造の神(インドの神)。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる