ここから本文です

運転記録証明書の税の課非判定

e_s********さん

2010/4/1000:22:49

運転記録証明書の税の課非判定

仕事上でタクシー乗務員の運転記録証明書を発行てもらいました。
それを経費として計上しなければなりませんが、
この場合は課税か非課税のどちらで処理すればよいか迷っております。
支払先は東京タクシーセンターで、
発行してもらった書類はタクシー乗務員の運転記録証明書になります。
自動車安全運転センターで発行してもらう一般の運転記録証明書とは別の物になります。
お分かりになる方がいらっしゃいましたら、ご回答よろしくお願いいたします。

閲覧数:
18,321
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

2010/4/1219:14:29

消費税の非課税取引を定めている
別表第一 (第六条関係)には
五 次に掲げる役務の提供
イ 国、地方公共団体、別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託若しくは指定を受けた者が、法令に基づき行う次に掲げる事務に係る役務の提供で、その手数料、特許料、申立料その他の料金の徴収が法令に基づくもの(政令で定めるものを除く。)
(1) 登記、登録、特許、免許、許可、認可、承認、認定、確認及び指定
(2) 検査、検定、試験、審査、証明及び講習
(3) 公文書の交付(再交付及び書換交付を含む。)、更新、訂正、閲覧及び謄写
(4) 裁判その他の紛争の処理
と規定されており、自動車安全運転センター法(昭和五十年法律第五十七号)を根拠法とする自動車安全運転センターは、上記の別表第三に掲げる法人に該当しているため、法令に基づく証明書の発行手数料は非課税となります。
従って、その証明書が法令に基づく証明書ならば非課税仕入です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる