ここから本文です

すごく初歩的な質問で申し訳ありません。ベッサRを中古で入手しました。 まわ...

shi********さん

2010/4/1010:06:31

すごく初歩的な質問で申し訳ありません。ベッサRを中古で入手しました。

まわりに銀塩に詳しい知り合いもおらずここでお聞きします。
今まではデジイチでしたから露出補正はダイヤルで設定していました。

ベッサRは露出補正の機能がなく、漠然とISOの設定でやるのかなと考えています。
ISO100と200 200と400・・・・1/3段づつ目盛りが切ってあります。
この目盛りの設定で補正するんでしょうか?

それともうひとつお聞きしたいんですが、例えばISO400のフイルムでカメラ側の設定をISO200に合わせた場合、
どんな写りになるんでしょうか?
自分で試すべき事をお聞きして申し訳ありません。

基本が分ってたらお聞きする事ではないんでしょうが、始めて銀塩を手にしたもので。
よろしくお願いします。

閲覧数:
1,615
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pho********さん

2010/4/1112:20:36

露出には、ファイン16という言葉があってシャッター速度1/ISO感度(感度100なら、1/100秒にするという意味)で絞りF16で晴天の日の太陽を背中にしてそれで写すと露出が合うわけなんです。曇ったら、絞りを2段程あけて撮影すれば良いんですよ。
一度、露出計依存から、脱却して電池を抜いて撮影してみてください。結構、よく写りますよ。
露出補正というのは、ポジ(リバーサル)の場合は、神経を使いますがカラーネガの場合は、2-3絞り適当に開ければ写っています。そんなにシビアなものじゃないんです。後は、明るく焼くか暗く焼くかは、写真屋の技量に依存します。露出補正かけても、暗く焼けば貴方の意図は、反映されないわけです。ここは、写真屋と相談すれば改善されますよ。
これは、貴方が400のフィルムで200で撮影して変わるのかという質問にリンクします。

フィルム感度というのは、おおまかに言って順光で撮影し多時に最低限度必要な光の量を示しています。それより、露光が少ないと満足に再現できない(シャドーの描写がなくなる)ようになります。逆に感度を下げ400のフィルムを200や100で撮影しても全く破綻しません。カラーネガフィルムは、12-14段の絞りの幅を記録できる性能があり、指定感度で順光条件であれば光の少ない方から、フイルム面で6段の絞りの幅の明暗として記録されます。なので露出が多い方に大きな許容範囲があるわけですね。
なので露出補正が面倒な場合、400のフィルムを感度100にして通常撮影しているならば、露出補正を殆どの撮影条件で考慮しなくて良い事になります。これを常時使うのは、せっかくの高感度が台無しになりますので露出が曖昧な場合だけ100で撮影するとかで失敗を回避できることになります。迷えば2-3段オーバーにを覚えていれば安心です。

リバーサルの場合は、記録できる範囲がおよそ7段の絞りの幅しかなく、このような使い方はできません。

質問した人からのコメント

2010/4/15 12:04:23

降参 たくさんのご回答ありがとうございました。

参考になりました。これからの勉強ですので、機会がありましたらお知恵を拝借お願いします。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2010/4/1020:14:50

ベッサRには、完全マニュアルのRMタイプと絞り優先オート露出のRAタイプがあります。
RMタイプ:ISO感度は装填するフィルムに合わせるだけで、取り切るまではいじらない。露出の補正は露出計の指示を見てから、自分で絞りかシャッター速度を撮影意図に応じて決める。従って、露出補正ダイヤルは無意味なので存在しない。

RAタイプ:ISO感度の設定は上記と同じ。露出補正は±2の範囲で1/3段ずつ出来るようになっている。この補正は被写体によって、自分の意図に従って増減します。

ベッサR系は何れも中央部重点測光システムでを採用していて、スポット測光はしないから、どのように補正するかは経験が必要と思う。露出計は、他のカメラと同じく18%反射のグレーをその通りグレーに再現する設定です。露出計の指示通りに取ると、真っ白も真っ黒も同じグレーに再現されます。ここに露出補正の意味があります。白いものを白く撮るには、露光量が多くなるように+補正、黒いものを黒く取るには-補正です。この判断が出来ないなら、18%反射板(A4サイズのものが市販されている)をレンズの前面でレンズの方向に向けて露出を測れば、適正露出になるので、その値をマニュアルで使えばOKです。

この露出設定の原理は、ディジタルでもフィルムでも全く同じです。

因みに、ISO感度の設定と露出補正は、舞台裏で電気的に同じことをやっています。

--さん

編集あり2010/4/1020:02:52

>すごく初歩的な質問で申し訳ありません。ベッサRを中古で入手しました。
>まわりに銀塩に詳しい知り合いもおらずここでお聞きします。
>今まではデジイチでしたから露出補正はダイヤルで設定していました。
>ベッサRは露出補正の機能がなく、漠然とISOの設定でやるのかなと考えています

マニュアル式のカメラの露出補正はアタマの中でやります。当然、カメラのメーターはプラスに傾いたりマイナスに傾いたりします。当方の場合は、シャッター速度ダイヤルで切換えます。1段ごとの補正しかできませんが、そうした上で、絞りを1/2段開けたり閉じたりして、補正します。絞りは、画質に直接、影響があるので、あまり動かしたくないというのがあって、ついつい、シャッターダイヤルで補正します。

カメラの露出計は反射光式なので、これを機会に入射光式の露出計か入射光の機能のついたスポットメーターを、ご購入されることを、おすすめします。測光方式を反射光から入射光に変えるだけで、光の感覚が身につきますし、露出は、同一条件であれば、そんなに変わらないことも勉強できると思います。18%標準反射板でも勉強できます。当方は、セコニックL-398系の露出計を使い始めて25年近く写真を撮っていますが、反射光式から入射光に切換えただけで、劇的に写真が変わりますので、試してみてください。

tow********さん

2010/4/1014:16:53

ベッサRは確か+-と0のLED点滅の組み合わせでしたっけ?わざわざ感度補正をしなくても1段分や1段以内の露出計のずれは分かる仕掛けになってたと思うので、そのまま合わせるなり、適正露出からシャッタースピードや絞りを好みの段数ずらせば露出補正になります。

ネガフィルムであればオーバーには強くアンダーには弱いですから、ISO400を200で1段オーバーになるように撮ってもさほど差は出ないと思います。(プリント時に補正されますし)
逆にポジはオーバーには弱くアンダーには強いです。(といってもネガほどではない)

sta********さん

2010/4/1011:00:37

マニュアルカメラですから露出補正などせずに
露出計を見て貴方自身が露出を決定すれば良いのです

>ISO100と200 200と400・・・・1/3段づつ目盛りが切ってあります。
この目盛りの設定で補正するんでしょうか?

↑もし貴方が常に少し明るい写真が貴方にとって適正露出であれば
ISO100フィルム使用でカメラ側のISO感度は100より少し小さく、
400使用なら200と400の間くらいに設定すれば露出計は明るめで
適正を指示してくれます


>ISO400のフイルムでカメラ側の設定をISO200に合わせた場合、
どんな写りになるんでしょうか?

カメラ内蔵の露出計を当てにされるならこの場合、1段明るい値を
カメラが指示します、それに従えば1段分明るい写真になるでしょう。

しかしもし貴方がカメラの露出計を見ておられないのなら
ISO感度設定はどこでも構いません。

2010/4/1010:44:59

ベッサR、ですよね?
このカメラはオート機能がないので、露出補正の必要なんてないではないですか。
あなたの頭の中で露出補正すればいいだけです。
なにも、カメラ内蔵露出計の針(もしくはランプ)が絶対に真ん中に来なければならないことなんてないのです。
オーバーかなと思ったら、あなたの頭の中で露出補正をし、絞り、もしくはシャッター速度を変えて露出調整をすればいいだけです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる