ここから本文です

男性器を切除せざるを得ない病気で保険が適用される病気にはどのような物がありま...

アバター

ID非公開さん

2005/4/2218:33:12

男性器を切除せざるを得ない病気で保険が適用される病気にはどのような物がありますか?

個人輸入したプロベラを毎日飲んでいて胸が大きくなり、最近勃起もしません。このまま続けていれば睾丸が壊死したりしますか

また、切除することになったとして、ついでに女性器みたいに施術してもらいたい場合は一部自己負担ですか?

閲覧数:
1,035
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2005/4/2218:48:14

よく分かりませんが交通事故とかで損傷してしまったとか腫瘍ができたとかであればそうせざるを得ないと思います。

プロベラで小さくなっても壊死はしません、生殖機能は次第に失われ、二度と精子は作れなくなります。また、性器が一回り小さくなります。

切除する場合は医師が効率的な方法でただ切除するだけです、女性器みたいにするのは美容整形です。
また、そのときは切除だけして後日女性器風にする場合は切除については3割負担で、性器の整形は自己負担です。
切除するついでにやる場合は、日本には混合診療制度が確立されていないので切除も含めて全額自己負担です。

性同一性障害について権威ある医師にご相談ください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる