ここから本文です

カメルーンはドイツの植民地だったんですか? カメルーン人ってドイツ語じゃなくフ...

nam********さん

2010/4/2415:01:32

カメルーンはドイツの植民地だったんですか?
カメルーン人ってドイツ語じゃなくフランス語ですよね?

補足どの回答も良かったので、投票で決めてもらいます。

閲覧数:
1,558
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hat********さん

2010/4/2415:20:05

旧ドイツ植民地から、イギリスとフランスの植民地に分かれた経緯があります。非同盟路線をとっていますが、経済、文化、軍事面ではフランスとの関係が深いので、そんなところから今はフランス語が話されています。

1870年代、ドイツ帝国がヨーロッパ内の強国となり、アフリカ分割を背景に入植、1884年にはドイツ保護領カメルーンが成立した(ドイツ植民地帝国)。1911年、ドイツが全土を掌握。

第一次世界大戦でドイツが敗れた後、1918年のヴェルサイユ条約の規定により、1922年には西部がイギリスの「西カメルーン」、東部がフランスの「東カメルーン」として委任統治領となる。第二次世界大戦中には、ドゴールの自由フランスの拠点の一つとなった。戦後、1946年には信託統治領となり、1957年、東カメルーンには自治が認められた。

1960年、フランス領カメルーンが独立した。イギリス領カメルーンは北部と南部で別々に住民投票を実施した結果、1961年には北部がナイジェリアと合併、南部はカメルーンとの連邦制となった。1972年、連邦制を廃止し、国名をカメルーン連合共和国に変更した。1984年には国名を現在のカメルーン共和国に変更した。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

vli********さん

2010/4/2517:05:28

植民地になっただけで直ちにその地の民族が宗主国の言語を使うようにはなりません。教育システムで現地語と平行して宗主国の言語を無理矢理押しつけないと使えるようにはなりません。人種的偏見の強いドイツはカメルーンをドイツ語圏にしたくはなかったのでしょう。資源と領土さえ手に入れればよい、現地の言語教育などドイツにとってはどうでもよいと考えていたかも知れません。

樂遙さん

2010/4/2415:37:25

植民地になったからといって、その日から住民がドイツ語を話し始めるわけではありません。
カネをかけて教育して、教育を受けた人口の蓄積がある程度以上になって始めてドイツ語が通じるようになります。
そして、当時のカメルーン人に教育という投資をして見返りがあったか、と考えるとその投資効率ははなはだ疑問です。

ましてドイツの統治機関はたった30年です。日本の台湾統治の50年と比較しても短いです。

jag********さん

2010/4/2415:22:46

多民族国家で統一的な政体はなかった地域ですが、19世紀後半にドイツ人が植民地にしました。第一次世界大戦の際に、イギリスとフランスがドイツ領カメルーンを獲得しましたので、だいたい30年くらいはドイツ領だったことになります。
その後、第二次大戦後の1960年ごろに、フランス領カメルーンとイギリス領カメルーンの一部を領土にした、現在のカメルーン政府が成立しています。
カメルーンの9割くらいは旧フランス領で、植民地であるがゆえの問題はあるけれども、フランス人がインフラを整え、多民族国家を統合するツールとしてフランス語を広めてきたわけです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる