ここから本文です

財務諸表論(税効果会計)

coz********さん

2010/4/2511:37:52

財務諸表論(税効果会計)

前提 当社は税効果会計を適用している。 法人税実効税率40%

前期に退職給付会計を導入し、Aさんは

(退職給付費用)100(退職給付引当金)100

と処理しましたが、当期決算で

税効果会計をしていなかったことに気がつき

(前期損益修正損)40(法人税等調整額)40

と処理しましたが、この処理は正しいでしょうか?

よろしくお願いいたします

よろしくお願いいたします。

閲覧数:
597
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

n_t********さん

2010/4/2602:43:56

財務諸表論では、「前期損益修正損」という勘定科目は使わないと思いますが・・・。

もし、税効果を適用していれば、
(借)繰延税金資産 40/(貸)法人税等調整額 40
となるはずなので、修正損には当てはまらないのでは?

あと、問題文が変だと思います。

質問した人からのコメント

2010/4/26 13:01:43

感謝 n_tarkichiさん
ご回答ありがとうございます。
簿記論の問題集に前期損益修正損という科目を使った模範解答がありました。
(上記の問題ではありません)
財表ではアウトなのですか
問題文については目をつぶってください
まだ、会計のことがよくわかっていませんのでお許しください

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる